日清製粉健康保険組合

特定健診・特定保健指導

HOME特定健診・特定保健指導>特定健診・特定保健指導の流れ

特定健診・特定保健指導の流れ

図1は、「標準的な健診・保健指導プログラムの流れ」のイメージ図です。

特定健診・特定保健指導は、平成20年4月より始まった、新しい健診制度です。対象者は40歳以上75歳未満の被保険者・被扶養者全員で、日清製粉健康保険組合をはじめとする全保険者に義務化されています。そのため、図1のように、健診の受診対象者の健診・保健指導事業の「計画の策定」から「健診」の実施、「保健指導対象者の選定・階層化」「保健指導」の実施、「結果の評価」(分析)の流れで日清製粉健康保険組合が事業を実施していくことになります。

第1回は、「健診」について取り上げ、なぜ特定健診・特定保健指導が始まることになったかについて、第2回は、必要性に応じた支援を行うための「特定保健指導の対象者の選定・階層化について」、第3回は、「特定保健指導の実施について」を説明しています。

ページ先頭へ戻る

図1:標準的な健診・保健指導プログラムの流れ(イメージ)

図解:標準的な健診・保健指導プログラムの流れ(イメージ) 健診 保健指導対象者の選定・階層化

ページ先頭へ戻る

同コーナーのINDEXへ戻る

人間ドック
全国巡回健診
日清製粉健康保険組合からのお願い
平成29年度 保健事業のご案内健康トピックス

特定健診・特定保健指導
退職者のみなさまへ
所在地情報:〒103-0014  東京都中央区日本橋蛎殻町1-10-7  蛎殻町ビル3階  電話:03-5614-7108  FAX:03-5614-7110
Copyright © 日清製粉健康保険組合2007, All Right Reserved.