日清製粉健康保険組合

特定健診・特定保健指導

HOME特定健診・特定保健指導>>特定健診・特定保健指導の流れ第3回 特定保健指導の実施について

第3回 特定保健指導の実施について

健診結果に基づき、対象者を3つに区分

今までの健診では、健診結果で異常が認められた項目について指摘され、それに伴って生活改善などの指導が行われていました。例えば、血圧で高血圧であれば血圧を下げるために減塩の指導が行われたり、血糖値で高血糖であることがわかれば減量やウオーキングなどの有酸素運動をするように指導されるなどといった具合でした。

しかし、特定健診・特定保健指導においては、第2回で紹介したように、メタボリックシンドロームに着目し、生活習慣病(正確には動脈硬化)のリスクに伴って3つの階層に分類され、生活習慣改善の必要性に合わせて保健指導が行われることになります(図3参照)。 これは、生活習慣病で問題となる心臓病、脳卒中、また糖尿病の合併症などが動脈硬化の進行によって起こり、動脈硬化のリスクを軽減することで発症を予防できるためです。

情報提供 動機づけ 積極的支援

健診結果から生活習慣病発症リスクを知ろう

リンク先はこちら生活習慣病発症リスクチェックはこちら

保健指導対象者の選定と階層化を自己診断してみよう

リンク先はこちら保健指導対象者の選定と階層化チェックはこちら

ページ先頭へ戻る

全員に行われる「情報提供」

動脈硬化のリスクから、生活習慣の改善の必要性が低い方は「情報提供」のみのレベルと判定されます。具体的には、腹囲が内臓脂肪型肥満の基準以下(男性85cm未満、女性90cm未満)でBMIが25未満の方と、腹囲やBMIで内臓脂肪型肥満の危険がありますが、血糖、血中脂質、血圧に異常がなく、また喫煙習慣のない方が該当します。

「情報提供レベル」と判定された方は、今のところ動脈硬化のリスクが少ないと考えられるため、特定保健指導は行われません。ただし、引き続きこの状態を保っていただく、また内臓脂肪型肥満の危険のある方は肥満を解消してもらうために、身体活動を増やす方法や食生活の改善の方法などを健診結果の提供に合わせてパンフレットなどで紹介されることになります。内臓脂肪型肥満の危険のある方は、このまま放置しますとメタボリックシンドロームに進行する可能性か高いので、提供された情報をもとに、必ず生活改善に努めてください。

また情報提供は、特定健診を受けた全員に行われます

ページ先頭へ戻る

「動機づけ支援」レベルの方は原則1回の面接を実施

「動機づけ支援」レベルと判定された方は、主に内臓脂肪型肥満の危険があり、血糖、脂質、血圧のどれか、または喫煙習慣がある方です。

「動機づけ支援」レベルの方は、「積極的支援」レベルの方と比べて動脈硬化のリスクは低いですが、生活習慣の改善を行わないと、いずれ生活習慣病を発症してしまうと考えられる方です。図2でいうと、レベル1とレベル2の間くらいに相当し、今であれば健康な状態に引き返すのはそう難しくない状態といえます。

「動機づけ支援」レベルの方には医師、保健師、管理栄養士などの専門家が健康づくりの支援のために、原則として初めの1回のみ面接を行い、生活習慣の改善すべき点を理解し、自分のライフスタイルに合った、実行可能な生活改善の目標を設定することになります。 そしてその行動目標が継続して実行できたかどうか、6か月後に面接または電子メール、電話、FAXなどで確認されます。

ページ先頭へ戻る

「積極的支援」レベルの方は3か月以上の継続的支援を実施

「積極的支援」レベルと判定された方は、内臓脂肪型肥満の危険に加え、血糖、脂質、血圧の複数に異常がある、または喫煙習慣がある方です。

「積極的支援」レベルの方は特定健診でもっとも動脈硬化のリスクが高いと判定された、このままではそう遠くない将来、心臓病や脳卒中などの深刻な生活習慣病を発症すると考えられる方です。図2でいうと、レベル2以上に相当し、いわば待ったなしの状態といえます。ここで生活改善に努めて状態を改善しないと危険なところに来ています。

「積極的支援」レベルの方には医師、保健師、管理栄養士などの専門家が健康づくりの支援のために、初めに面接を行い、生活習慣の改善点を理解し、自分に合った実行可能な生活改善の目標をまず設定します。そして、行動目標が実行できるように、その後3か月にわたり面接または電話や電子メールなどで支援が行われ、二人三脚で健康づくりに取り組むことになります。

その後も行動目標が達成できたかどうか、6か月後に面接または電子メールや電話、などで確認が行われます

ページ先頭へ戻る

図解:生活習慣病のイメージ

▲生活習慣病のイメージ/PDF372KB
(PDFファイルで拡大表示します)

詳しく教えて! Q&A

ページ先頭へ戻る

同コーナーのINDEXへ戻る

ご自身やご家族の大切な命を守るため、定期的にがん検診をうけましょう!
人間ドック
全国巡回健診
日清製粉健康保険組合からのお願い
平成29年度 保健事業のご案内健康トピックス

特定健診・特定保健指導
退職者のみなさまへ
所在地情報:〒103-0014  東京都中央区日本橋蛎殻町1-10-7  蛎殻町ビル3階  電話:03-5614-7108  FAX:03-5614-7110
Copyright © 日清製粉健康保険組合2007, All Right Reserved.