日清製粉健康保険組合

健康トピックス

2016年6月1日

第52回 夏も体を動かそう

イラスト:夏も体を動かそう梅雨のシーズンになり、もうすぐ夏本番です。

暑く、湿度の高い時期は運動をする気力も削がれてしまうもの…。ですが、夏バテ予防や冷房病予防には、体を動かすことがとても効果的です。

暑い時期だからこそ、体を動かす習慣を身につけて、元気に夏を迎えましょう!

運動の効果が今、注目されている

体を動かすことがかつて思われていたよりも、はるかにさまざまな効果があることが、今、注目されています。

WHO(世界保健機関)の報告では、身体活動不足(体を動かさないこと)が、世界の死亡に関する危険因子の4位に挙がっていることをご存じでしょうか? 日本の調査でも、「運動不足」は「喫煙」「高血圧」に続く3位であることがわかっています。

さまざまな病気の予防や、介護予防、心の健康づくりなど、体を動かすことは心と体の健康に密接に関係しています。

体を動かすことの効能

  • メタボリックシンドローム関連(肥満、高血糖、高血圧、脂質異常など)の改善、予防
  • がんなどの生活習慣病の予防
  • ひざや足腰などが衰えるロコモティブシンドローム(運動器症候群)や認知症などの要介護状態の予防
  • ストレス解消、うつ予防

夏ならではの効能

体を動かすことは自律神経の働きを整え、夏バテ予防にもなります。また、こまめに体を動かすことで血行を良くし、冷房による冷えを予防することができます。

まずは生活の中で体を動かそう

イラスト:生活活動にも健康への効果は十分にあります運動習慣のない人がいきなり運動を始めようとしても、なかなか続かないもの。まずは、今より1日10分多く、体を動かすことを目標にしてみましょう。体を動かすこと(身体活動)には、「運動」と日常生活で体を動かす「生活活動」がありますが、しっかりとした運動ではなくとも、家事、買い物、通勤・通学、子どもやペットと遊ぶこと、などの生活活動にも健康への効果は十分にあります。積極的に「10分」を見つけて体を動かしていきましょう。

また、10分間は歩数にすると約1,000歩。タクシーやバスなどの乗り物に頼らずに歩く、エレベーターやエスカレーターを利用せずに階段にしてみるなど、工夫して歩数を増やしてみましょう。

ステップアップ 〜体を動かすことに慣れてきたら〜

体を動かすことに慣れてきたら、気軽に取り組みやすい運動にチャレンジしてみましょう。張り切って無理をしすぎないことがポイントです。息がはずみ、軽く汗をかくくらいの、笑顔で行えるぐらいの強度で行う運動が健康づくりに適しています。

●ストレッチング&筋力トレーニング

ちょっとした作業の休憩時間や、何かをしながら取り組めるのがストレッチングです。また、スクワットや腕立て伏せなどの筋力トレーニングで筋肉をつけることで、基礎代謝が上がります。基礎代謝を上げることは夏バテ予防に効果てき面です。涼しい屋内でできるので、暑い夏にも取り組みやすい運動です。

●ウォーキング

いつでもどこでも気軽に始められる運動です。散歩がわりのウォーキング、通勤途中のウォーキング、時間と距離を長めに設定して運動として取り組む速歩、と色々なやり方で取り組めます。歩数計や身体活動計を利用すると、結果が見えてより歩くことが楽しくなります。

●水中運動

イラスト:水中ウォーキング熱中症の心配がない水中での運動は夏場におすすめです。水中ウォーキングは有酸素運動効果があるだけでなく、筋力の強化にも効果的です。また、陸上の運動より膝や筋肉、心臓への負担が少なく、体温の上昇も抑えられます。

油断は禁物! 熱中症

暑い時期に体を動かすことで気をつけなければならないのが熱中症です。熱中症は夏真っ盛りの時期の病気というイメージがありますが、発生の報告は梅雨前の5月頃から。消防庁によると、平成27年6月の熱中症による救急搬送人数は3,032人でした。さらに、このうち約半数が65歳以下となっています。真夏以外のシーズンも油断は禁物です。

水分補給は欠かさずに

イラスト:水分補給熱中症を防ぐために、水分補給をこまめにしましょう。のどが渇いたと感じる前に水分をとることがポイントです。暑さがやわらいでくる16〜18時の夕方の時間帯や、屋内であっても、熱中症の危険があるので、水分補給をしっかり行いましょう。

また、朝食を抜いたり、前の日に深酒をしたりした人は熱中症のリスクも増加します。睡眠をきちんととり、体調を考慮して、無理をしすぎないように体を動かしましょう。

運動前にこのような症状がある場合には運動を中止しましょう

  • 体がだるい
  • 下痢気味
  • 体が熱っぽい
  • めまいがする
  • 頭痛がする
  • 吐き気がする
  • 冷や汗が出る
  • 腰やひざが痛い
  • 二日酔いである
  • 寝不足である

リンク

リンク先はこちら 身体活動・運動(e-ヘルスネット)

運動に関する健康情報のページです。

人間ドック
全国巡回健診
日清製粉健康保険組合からのお願い
平成29年度 保健事業のご案内

特定健診・特定保健指導
退職者のみなさまへ
所在地情報:〒103-0014  東京都中央区日本橋蛎殻町1-10-7  蛎殻町ビル3階  電話:03-5614-7108  FAX:03-5614-7110
Copyright © 日清製粉健康保険組合2007, All Right Reserved.