日清製粉健康保険組合

健康トピックス

2016年2月1日

第50回 心の健康を見直そう

イラスト:心の健康状態まだまだ寒さの厳しい季節ではありますが、2月に入り、春はもうすぐです。

春というと、花々が咲く、明るいイメージがありますが、新年度になり異動や進学など生活環境が変わったり、気候が変わったりしやすいため、ストレスが過剰に加わり心の健康を崩しやすい季節でもあります。

忙しい毎日を送っていると、自分がストレス状態にあることになかなか気付きにくいもの。春を朗らかに迎えられるよう、一度、自分の心の健康状態を確かめてみましょう。

ストレスとは?

私たちは、日々知らず知らずのうちにたくさんのストレスを受けています。ストレスとは、「外部から刺激を受けたときに生じる心や体のゆがみ」のことです。ストレスの原因は、暑さ、寒さ、痛みなど身体的なものから、不安、緊張など精神的なものまでさまざまです。

過度のストレスが不調を招く

ストレスが加わると、体はストレスの原因となる刺激に対応しようと働きはじめます。ストレスに対するために、心身の働きが活発になるよう脳から自律神経系や内分泌系に指令が送られ、血圧や心拍数が上昇します。

ストレスが加わることは悪いことだけではなく、「適度なストレス」は心身を強くするのに役立ちます。しかし、加わるストレスが大きすぎたり、長く続いたりすると、ストレスに対応しきれず疲れきって体の機能を正常に保てなくなるため、心身に不調が生じるのです。

こんな症状ありませんか? 〜心のSOSを見逃さないで〜

イラスト:心のSOSを見逃さないで過度のストレスは、心身にさまざまな症状として現れます。症状の現れ方は人それぞれですが、おもに「心」「体」「行動」の3つに分けられます。自分はどのサインが現れやすいか把握し、心の発するSOSを見逃さないようにしましょう。

★心の不調のサイン(ストレスサイン)

不安、落ち込み、イライラ、怒り、集中力低下、希望のなさ、訳もなく涙が出る など
肩こり、目の疲れ、疲労、肌荒れ、脱毛、頭痛、腰痛、不眠、自律神経の乱れ など
行動 生活の乱れ、過食、散財、過度の飲酒・喫煙、ギャンブル、暴言、暴力、遅刻・欠勤 など

自分のストレスサインに気づいたら、早めのセルフケア(ストレス解消)が大切です。

自分なりのストレス解消法を持とう

イラスト:リラックスその日のストレスはその日のうちに解消するのがベスト。自分にあった気分転換法で、ストレスをこまめに解消しましょう。ほんのひとときでも気持ちを切り替え、リラックスすることがストレスの軽減に役立ちます。自分の好きなこと、没頭できることや、心身ともにリラックスできることなど、自分に合ったストレス解消法を見つけておくことが、心を健康に保つコツです。

★自分の好きなこと、没頭できるもの

読書や音楽・映画鑑賞、カラオケで歌う、おしゃべり など

★心身ともにリラックスできること

お風呂でぬるめのお湯にゆっくりつかる、散歩、ガーデニング、旅行 など

こまめなストレス解消に加え、ストレスをためないような生活習慣を心がけましょう。

心の健康を保つための生活習慣のポイント

心の健康も体の健康と同様、まずは規則正しい生活習慣からつくられます。

ポイント1 良質な睡眠

睡眠には、脳と体を休ませ、疲労を回復する役割があります。睡眠不足は、疲労感を増幅させて、気持ちを不安定にし、適切な判断力を鈍らせるなど、心身にさまざまな悪影響を及ぼします。

≪良質な睡眠をとるポイント≫

  • 安眠できる環境をつくる
  • 就寝直前の飲酒・飲食は避ける
  • 毎朝、決まった時間に起きる
  • 快適な目覚めがあれば、睡眠時間にはこだわらない

ポイント2 バランスのとれた食事

バランスのよい食事を決まった時間にとることは、生活のリズムを整え、ストレスへの抵抗力を高めることにつながります。

≪バランスのよい食生活のポイント≫

  • 規則正しく栄養バランスもよく
  • ゆっくりかんで食べる
  • 食べすぎない
  • カフェイン、アルコール、清涼飲料はひかえめに

ポイント3 適度な運動

体を動かすことには、ストレスを解消する効果があります。また運動を続けることは、ストレスへの適応力アップなどにつながります。

≪適度な運動習慣のポイント≫

  • 今より10分多く、体を動かそう
  • ウオーキングやストレッチなど簡単なものでOK
  • 家事などでよく体を動かすことでもよい
  • 「またやりたい」と思える程度の頻度・強度で

心の疲れがとれないときには…

イラスト:心の専門医悩みが続いたり、ストレスがたまったりして心に疲れを感じたときは、早めに周囲の人に相談してみましょう。心身の不調が長引くような場合、心療内科や精神科など心の専門医を訪ねてみるとよいでしょう。

リンク

リンク先はこちら みんなのメンタルヘルス総合サイト(厚生労働省)

こころの健康や病気、支援やサービスに関する総合サイトです。

人間ドック
全国巡回健診
日清製粉健康保険組合からのお願い
平成29年度 保健事業のご案内

特定健診・特定保健指導
退職者のみなさまへ
所在地情報:〒103-0014  東京都中央区日本橋蛎殻町1-10-7  蛎殻町ビル3階  電話:03-5614-7108  FAX:03-5614-7110
Copyright © 日清製粉健康保険組合2007, All Right Reserved.