日清製粉健康保険組合

健康トピックス

2015年2月2日

第44回 はじめていますか? 花粉症対策

イラスト:花粉の季節春の訪れが近づいてきました。春といえばスギ花粉の季節。日本気象協会によると、今年の花粉飛散量は、東北・関東甲信・北陸において昨年に比べ非常に多くなるだろうと予測されています。すでに花粉症の方だけでなく、花粉症でない方もこれから花粉症になるおそれがあるため、花粉症対策は大切です。花粉症対策、はじめていますか?

「スギ花粉シーズン」っていつから?

スギ花粉の飛散がいつから始まるのかは天候によって毎年変わります。日本気象協会によれば、今年は2月上旬に九州・四国・東海地方から花粉シーズンが始まる見込みとのことですが、日々の天候によってそれも変化するので、テレビやインターネットなどで情報をこまめにチェックしましょう。

なぜ花粉症になるの?

イラスト:スギ花粉「花粉症」は正式な病名ではなく、「アレルギー性鼻炎」の一種です。スギなどの花粉が原因となり、体がアレルギー反応を起こすことで発症します。花粉がついた鼻粘膜にアレルギー反応が起きると、その結果、粘液(鼻水)やくしゃみが誘発されるのです。

では、なぜアレルギー反応が起こるようになるのでしょうか。

花粉が体内に侵入すると、それに対抗しようと体は抗体を作り出します。その抗体が蓄積され一定量を超えると、花粉に対しアレルギー反応を起こすようになるのです。
ただし、アレルギー反応が起き始めるまでの量は、人によって異なります。そのため、まだ花粉症でないという方でも原因となる花粉に多くさらされることで、これから花粉症になるおそれがあるのです。

花粉症対策のポイント 〜花粉シーズンが始まる前に〜

イラスト:耳鼻科スギ花粉の飛散が始まる1〜2週間前になったら、「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」の強い人は耳鼻科へ、「目のかゆみ」の強い人は眼科へ行って、シーズン前から薬を処方してもらいましょう。スギ花粉の飛散量が増える前から予防的に薬を服用すれば、花粉症を抑える効果が高くなります。

花粉症対策のポイント 〜花粉シーズン中に〜

●ポイントその1 花粉の接触を防ぐ

イラスト:花粉の接触を防ぐ第一のポイントは、とにかく花粉を体の中に入れないこと。外出するときはマスクやゴーグルを忘れずに。帽子で髪に花粉がつかないようにすることも有効です。さらに、家に帰ったら、屋内に入る前に髪や洋服についた花粉を落としましょう。

また、家の中に入ってしまった花粉を取り除くにはふき掃除がおすすめです。掃除機では花粉を舞い上がらせてしまうおそれもあるので、掃除機をかける前にふき掃除をすると上手に花粉を除去することができます。

さらに、洗濯物や布団につく花粉も無視できません。花粉シーズン中は外に衣類や布団を干さないことで花粉の接触を防げます。

●ポイントその2 花粉を洗い流す

どんなに防御しても、スギ花粉は鼻や目の粘膜に接してしまうもの。アレルギー反応を少なく抑えるために、外出後は手洗い、うがいを忘れずに。鼻うがいや目洗いも効果的ですが、塩水や水道水は鼻や目の粘膜を痛め、より炎症がひどくなる場合も。行う場合は、市販の専用剤や精製水、生理食塩水などを使用してください。

イラスト:花粉を洗い流すまた、鼻水が出たら、すすらずに鼻をかみましょう。鼻水をすすってしまうと、せっかく排出しようとしてる花粉をいつまでも鼻の中で往復させるばかりか、すすった鼻水が耳のほうに流れ込むと中耳炎を引き起こすことも。

●ポイントその3 体調を整える

イラスト:体調を整える生活習慣を整え、体の免疫機能を正常に保つことも花粉症の予防には重要です。不規則な生活習慣を続けると自律神経が乱れ、免疫機能のバランスが崩れます。そうすると、アレルギー反応が起きやすくなり、花粉症が悪化しやすくなります。

睡眠をしっかりととり、バランスのよい食事を心がけてください。アルコールは血管を拡張させる作用があるので控えめに。

ご存じですか? 舌下免疫療法

最近、「舌下免疫療法」という花粉症の治療法が保険適用となりました。舌下免疫療法は、アレルギーの原因となるスギ花粉のエキスを舌の下に入れ徐々にスギ花粉に体を慣らしていき、症状を根本から改善しようという治療法です。毎日、2〜3年間継続して行う必要がありますが、従来の注射による免疫療法と比べて副作用も減っています。

体質などにより治療を適応できない場合もありますので、治療を受ける際には医師とよく相談し、検討してください。なお、スギ花粉シーズンの約3か月前から治療を始める必要があります。

リンク

リンク先はこちら鼻アレルギー(花粉症)(公益財団法人 日本アレルギー協会)

花粉症のパンフレットや動画を紹介しています。

ご自身やご家族の大切な命を守るため、定期的にがん検診をうけましょう!
人間ドック
全国巡回健診
日清製粉健康保険組合からのお願い
平成29年度 保健事業のご案内

特定健診・特定保健指導
退職者のみなさまへ
所在地情報:〒103-0014  東京都中央区日本橋蛎殻町1-10-7  蛎殻町ビル3階  電話:03-5614-7108  FAX:03-5614-7110
Copyright © 日清製粉健康保険組合2007, All Right Reserved.