日清製粉健康保険組合

健康トピックス

2014年12月1日

第43回 防ごう! 冬の高血圧

12月に入り、寒さの厳しい季節になってきました。寒い季節は、高血圧にご用心。血圧は1日の中だけでなく季節によっても変動することをご存じですか?一般に夏は低く、1〜2月頃に最も高くなるといわれています。しっかりと対策をたてて、血圧を上手にコントロールしましょう。

なぜ冬は血圧があがるの?

イラスト:血圧測定冬になり寒くなると、血管が体温を逃がさないよう収縮します。そのため、血管に圧力がかかり血圧があがりやすくなるのです。また、この季節は運動不足になりがちなことも高血圧の原因といわれています。ほかにも体調や食事、喫煙、ストレスなど、さまざまなことで血圧は上下します。とくにこの季節は、高血圧の人は急激に血圧があがらないように注意が必要です。

知っていますか?高血圧の恐ろしさ

では、高血圧はどうして危険なのでしょうか。

高血圧が続くと血管に負担がかかるため、圧力に耐えようと血管が硬くなってしまいます。これが動脈硬化です。動脈硬化が進むと、血管が詰まったり破れたりしやすくなります。動脈硬化は自覚症状がないまま進行していくため、気づかぬうちに全身の血管がボロボロになり、最悪の場合、心臓病や脳卒中など命にかかわる病気を引き起こしてしまうのです。

そのような事態を予防するために、血圧の急上昇を防ぐポイントを、ご紹介します。

冬の高血圧を予防するために 〜日常生活で注意したいこと〜

イラスト:冬の高血圧●寒さ

冬の高血圧でとくに注意が必要なのは、温度差です。

急に暖かいところから寒いところへ移動したりすると、健康な人でも血圧がはねあがります。冬はこうした温度差が大きくなりがちなため、もともと血圧が高い場合、急上昇して、心筋梗塞などの引き金となりかねません。浴室の脱衣所やトイレ、廊下などの部屋間の温度差をなくしたり、暖房していない部屋や庭などへ出るときは短時間でも温かい服装で防寒したりしましょう。

また、寝起きは血圧が高くなりがちですが、寒さが加わることでより高くなりやすいので、寝室を暖かくしたり、布団の中で体をほぐしたりしてから起きるなど、工夫をしましょう。

イラスト:入浴●入浴

熱すぎるお湯は血圧を急上昇させます。入浴の際は熱いお湯を避け、ぬるめのお湯にゆったりつかってください。また、脱水は脳梗塞や心筋梗塞の引き金に。入浴前後は意識して水分をとりましょう。

冬の高血圧を予防するために 〜食生活で注意したいこと〜

●減塩を心がける

イラスト:減塩日本人の高血圧の原因として最も多いと考えられているのは食塩のとりすぎです。

日本人は和食を軸とした食生活のため、どうしても食塩を多くとってしまいがちです。また、食塩摂取の約7割は調味料だといわれています。調味料の使い方に十分注意しましょう。

<予防のポイント>

  • 調味料は直接かけるのではなく、小皿に入れてつける。
  • めん類のスープは飲まないようにする。
  • 漬け物など食塩が多く含まれている食品は控えめに。
  • 加工食品には食塩が多く含まれているので、週に1、2回程度にする。
  • 味付けには、だしのうま味や香辛料、レモン汁などの酸味を生かす。

<なぜ食塩をとりすぎると血圧が高くなるの?>

食事で摂取した食塩は体内でナトリウムと塩素にわかれ、ナトリウムは血液の中に入り込みます。血液中にはもともとナトリウムがあるのですが、それが一定の量をこえてしまうと、体内の水分が血液中に移動してきて、血液量が増えます。血液量が増えたことで、心臓は以前よりもっと高い圧力をかけてポンプを押さなければならず、高血圧となるのです。

イラスト:忘年会・新年会●アルコールは控えめに

アルコールを多量にとると血圧を上昇させます。忘年会・新年会など、冬はなにかとアルコールを摂取する機会が多い季節ですが、節度ある適度な飲酒を心がけましょう。

<予防のポイント>

  • 時間を決めて飲むようにする。
  • おつまみを食べながら、ゆっくり飲む。
  • 週に2回は休肝日を。

●規則正しい食生活と太りにくい食習慣で適正体重を維持する

肥満は血圧を上昇させやすいことがわかっています。自分の適正体重(身長(m)×身長(m)×22)を知り、その値に近づけるようにしましょう。

イラスト:1日3食規則正しい食事<予防のポイント>

  • 食事はゆっくり時間をかけ、よくかんで食べる。
  • 1日3食規則正しく食べ、夜食や間食はしない。
  • 腹八分目を心がける。

リンク

リンク先はこちらさあ、減塩!〜減塩委員会から一般のみなさまへ〜(日本高血圧学会)

減塩の必要性、減塩目標といった基礎知識から、減塩のコツや塩分の多い食品の紹介など、減塩についての情報を提供しています。

人間ドック
全国巡回健診
日清製粉健康保険組合からのお願い
平成29年度 保健事業のご案内

特定健診・特定保健指導
退職者のみなさまへ
所在地情報:〒103-0014  東京都中央区日本橋蛎殻町1-10-7  蛎殻町ビル3階  電話:03-5614-7108  FAX:03-5614-7110
Copyright © 日清製粉健康保険組合2007, All Right Reserved.