日清製粉健康保険組合

健康トピックス

2011年9月1日

第21回 がんって予防できるの?

イラスト:CT検査

日本人にとってがんは最大の国民病。2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで亡くなっていますから、自分が、あるいは身近な人ががんになる可能性も十分あるわけです。
この病気について、あなたはどのくらい知っていますか? 「不治の病」というイメージから、こわくて目をそむけている人も少なくないのではないでしょうか。
でもがんは、毎日の生活でいくつかのことに気をつけていれば、ある程度予防できます。また、早期に発見して治療すれば、完治する可能性も高くなってきています。こうしたことをきちんと知っていれば、がんをやみくもに恐れる必要はなくなるはずです。
9月は「がん征圧月間」。この機会に、がんを防ぐ方法について学んでみませんか。

生活習慣の改善でがんを予防

がんは多くの場合、喫煙や偏った食生活など、好ましくない生活習慣の積み重ねにより発生します。がんを予防するには、まず生活全般を見直す必要があります。

喫煙

イラスト:禁煙

日本の研究では、がんで死亡する男性の約4割は喫煙が原因という結果が出ています。特に肺がんや喉頭がんとの関係は明らか。また近年は、受動喫煙の問題も注目されています。受動喫煙とは、たばこを吸う本人以外の人がたばこの煙にさらされること。自分はたばこを吸わなくても、受動喫煙によって肺がんなどにかかるリスクが高くなることが国内外の研究でわかってきたのです。喫煙者はまわりの人のためにも、ぜひ禁煙に取り組んでください。

食事

  • バランスよく食べる
    食品の中には、がんの発生を促すものもあれば、抑えるものもあります。自分が好きなものや特定の食品ばかりを食べていると、発がんのリスクが高まるおそれもあるので気をつけましょう。
  • 食べすぎない
    食べすぎが肥満につながることはよく知られていますが、肥満がさまざまながんにかかるリスクを高めることはご存じでしたか? 腹八分目を心がけましょう。
  • イラスト:野菜
  • 野菜・果物をたっぷりとる
    ビタミンA・C・Eや食物繊維には、がんの発生を抑える働きがあることがわかっています。これらの栄養素は野菜や果物に多く含まれていますので、積極的にとりましょう。
  • 脂肪の摂取はひかえめに
    脂肪のとりすぎは、乳がんや大腸がん、前立腺がんなどの発生と関連があるといわれます。肥満にもつながりやすいので気をつけましょう。
  • 食塩もひかえる
    日本人に多い胃がんと密接な関係があるとされているのが食塩の摂取。塩分の多い食べ物や調味料はひかえめに。
  • イラスト:熱いお茶
  • 熱い飲食物や、こげたもの・かびの生えたものに注意する
    熱いものは食道を傷つけ、がんの発生につながるという報告があります。また、こげた部分、さらにナッツ類など一部の食品のかびには発がん物質が発見されています。

運動

上述した肥満を防ぐためにも、また後述するストレスを発散させるためにも、こまめに体を動かすことが大切です。何もいきなり激しい運動を始める必要はありません。「帰りはバスに乗らずに歩く」「家事を積極的にやる」「テレビを見ている時にもストレッチングをする」など、自分のできることから少しずつ始めていきましょう。

ストレス

イラスト:睡眠

疲労の慢性化、過度のストレスは体のさまざまな機能を低下させます。免疫力も落ちてしまうため、がんが発生するリスクが高まると考えられています。「没頭できる趣味を見つける」「十分な睡眠をとる」など、疲れやストレスをためこまない工夫を。

飲酒

お酒というと肝臓を連想しますが、過度の飲酒は口腔がんや食道がんなどの発生とも関連があることがわかってきました。飲酒量は知らず知らずのうちに増えてしまいがち。飲みすぎにはくれぐれも注意しましょう。強いお酒は薄めて飲むことも大切です。

検診でがんを早期発見

これまで挙げてきたさまざまな注意点を完璧に守っても、残念ながらがんになる可能性をゼロにすることはできません。そこで重要になるのが、早期発見・早期治療。不治の病というイメージがあるがんですが、早期なら治る可能性がグンとアップします。
ただし、早期のがんはほとんどの場合自覚症状がありません。これを見つけるためには、がん検診が不可欠。各種のがん検診を定期的に受けていれば、がんで死ぬ危険を20〜50%も減らすことができるとされています。

リンク

リンク先はこちらがん情報サービス
(独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センター)

胃・のど・肺など、各種がんの解説から予防や治療方法までさまざまな情報が掲載されております。

ページ先頭へ戻る

同コーナーのINDEXへ戻る

人間ドック
全国巡回健診
日清製粉健康保険組合からのお願い
平成29年度 保健事業のご案内

特定健診・特定保健指導
退職者のみなさまへ
所在地情報:〒103-0014  東京都中央区日本橋蛎殻町1-10-7  蛎殻町ビル3階  電話:03-5614-7108  FAX:03-5614-7110
Copyright © 日清製粉健康保険組合2007, All Right Reserved.