日清製粉健康保険組合

健康トピックス

2011年3月1日

第15回 いつでもどこでも! ウオーキングの効用

イラスト:気になる脂肪

衣類が少しずつ薄手になっていくこの時期、「冬の間についてしまった脂肪が気になる!」という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、脂肪の燃焼をはじめ、さまざまな健康効果が認められているウオーキングを取り上げます。

ウオーキングのメリット

いつでもどこでも気軽にできるウオーキング。特別な準備や技術は必要ありませんし、年齢や運動習慣の有無を問わず安全にできますから、「運動が苦手、億劫」「長いこと体を動かしていない」という人にもおすすめです。
おまけにウオーキングは次のようにたくさんの効果が望めます。いいことずくめのウオーキング、ぜひ毎日の生活に取り入れてみてください。

美容によい

イラスト:美肌
  • 脂肪が効率よく燃焼(ダイエット効果)
  • 新陳代謝が活発になる(美肌効果)
  • 血行がよくなる(むくみや冷えの症状が改善)

生活習慣病の予防

  • 生活習慣病の元凶、内臓脂肪が減少
  • HDL(善玉)コレステロールが増える
  • 血糖・血圧が低下

スタミナアップ

  • 心肺機能が高まる
  • 疲れにくい体になる

老化をストップ

イラスト:骨が丈夫
  • 筋力をキープできる
  • 骨が丈夫になる
  • 脳細胞が活性化する

ストレスの解消

  • 自律神経のバランスが整う
  • 景色を眺め、季節の移り変わりを感じてリラックス

歩数をあと1,000歩増やそう

健康のためには1日1万歩を目指したいところですが、まずは今より1,000歩多く歩くことを目標にしてみましょう。1,000歩とは歩行時間にして10分程度です。
何も連続して歩く必要はありません。次のような工夫でこまめに歩数を稼ぎ、1日合計で1万歩になればいいのです。

イラスト:買い物
  • なるべくエレベーターやエスカレーターを使わない
  • 買い物などの用事で出かける時は、できるだけ徒歩で
  • あえて少し遠くの店でランチ
  • 仕事や家事の息抜きに、近くを散歩してみる
  • 時間がある時は、1つ手前の駅やバス停で降りて歩く など

正しい歩き方を身につける

不自然な姿勢で歩いていると、効果が上がらないばかりか足を痛めてしまう可能性もあります。次のポイントを意識しながら歩いてみましょう。息が少しはずみ、軽く汗をかく程度の速さで歩くとより効果は高まります。

  • 視線は遠くに
  • あごを引く
  • 肩の力を抜く
  • 背筋を伸ばし、胸を張る
  • 腕は前後に大きく振る
  • 歩幅はできるだけ広く
  • かかとから着地

楽しんで歩こう

ウオーキングがいくら体によくても、続かなければ意味がありません。続けるためには、楽しいと感じられることが大切。自分に合った楽しみ方を探してみてください。

イラスト:ウオーキング
  • 気の置けない仲間と一緒に
  • 好きな音楽を聴きながら
  • いつもと違うルートを歩いて新しい発見を
  • 名所・旧跡めぐりなど趣味や好奇心を兼ねて
  • 自然の中を歩いてリフレッシュ&リラックス
  • 水中ウオーキングに挑戦(ウオーキング効果が高く、ひざなどへの負担も小さい)  など

リンク

リンク先はこちら水土里の路(みち)ウォーキング(農林水産省)

農林水産省にて「水土里の路」という、心やすらぐ農業水路のせせらぎや美しい農村景観を愉しみながら、地域の歴史や文化にも接していただくことができるウォーキングコースを紹介しております。 ウオーキングを始める際に、ご参考にして下さい。


ページ先頭へ戻る

同コーナーのINDEXへ戻る

人間ドック
全国巡回健診
日清製粉健康保険組合からのお願い
平成29年度 保健事業のご案内

特定健診・特定保健指導
退職者のみなさまへ
所在地情報:〒103-0014  東京都中央区日本橋蛎殻町1-10-7  蛎殻町ビル3階  電話:03-5614-7108  FAX:03-5614-7110
Copyright © 日清製粉健康保険組合2007, All Right Reserved.