日清製粉健康保険組合

健康トピックス

2010年7月1日

第7回 熱中症にご用心

イラスト:猛暑日

地球温暖化やヒートアイランド現象の影響もあり、ここ数年は「猛暑日」という新語も登場するほど暑い夏が増えています。そこで注目されるようになったのが熱中症。重症化することもありますので、対処法と予防法をしっかりおぼえておきましょう。



熱中症とは

人体には体温調節の機能が備わっていますが、暑さのためこの体温調節のバランスが崩れ、体温が急上昇した状態が熱中症です。曇りの日や室内でもかかることがあります。


熱中症のおもな症状

熱中症は暑さの中で起こる障害の総称です。軽症のものは吐き気、めまいで治まりますが、場合によっては意識障害や、死につながることもありますので、ご注意下さい。万が一熱中症にかかってしまったら、初期対応が大切。慌てず、速やかなに行動しましょう。


熱けいれん

イラスト:塩

症状:足や腹部などの筋肉がけいれんする。
原因:体内での塩分の不足。
(大量に汗をかいた後、水のみを補給した場合によく起こります)


熱疲労

症状:めまいや頭痛、吐き気、おう吐、だるさ、顔面蒼白など。体温の上昇はさほどない。
原因:汗のかきすぎによる脱水。


熱射病

症状:高熱と意識障害が顕著。多臓器障害を合併することがあり、死亡率が高い。
(意識障害の程度はさまざまで、言動がおかしい、まっすぐ歩けない、立ち上がれない等)
原因:体温調節機能の崩壊、脱水がその背景にあることが多い。


熱中症が疑われる時の対処法(応急処置)

イラスト:スポーツドリンク

上記のような症状があったら、次のように対処します。

熱けいれんの場合・・・生理食塩水を補給します。(0.9%の食塩水)

熱疲労の場合・・・水分を補給します。(0.2%の食塩水、スポーツドリンク等)
*足を高くして寝かせ、手足を末梢から中心部に向けて、マッサージするのも効果的です。

熱射病の場合・・・積極的に体を冷やします。(頸部、脇の下、足の付け根)
*すぐに救急車を呼びましょう。


熱中症の予防法(日常生活において)

イラスト:水分補給
  • 暑さを避ける(日陰を歩く、朝打ち水をする、ブラインドやすだれを垂らす など)
  • 服装を工夫する(黒系の衣服を避ける、首まわりを締めつけない、日傘や帽子を持ち歩く、吸汗・速乾素材の下着にする など)
  • こまめに水分を補給する(アルコールはかえって体内の水分が奪われるので逆効果)
  • 急に暑くなる日に注意(梅雨の合間に突然気温が上昇した日、梅雨明けの蒸し暑い日など。体が暑さに慣れておらず体温調節がうまくできないため、熱中症になりやすい)
  • 暑さに備えた体作りを(日頃から運動で汗をかいていると、体が暑さに適応しているため、熱中症にもかかりにくい)

リンク

リンク先はこちら環境省熱中症情報

環境省でも、暑さ指数や熱中症患者速報など熱中症を予防するための関連情報が紹介されています。ぜひ、参考にしてみてください。


ページ先頭へ戻る

同コーナーのINDEXへ戻る

ご自身やご家族の大切な命を守るため、定期的にがん検診をうけましょう!
人間ドック
全国巡回健診
日清製粉健康保険組合からのお願い
平成29年度 保健事業のご案内

特定健診・特定保健指導
退職者のみなさまへ
所在地情報:〒103-0014  東京都中央区日本橋蛎殻町1-10-7  蛎殻町ビル3階  電話:03-5614-7108  FAX:03-5614-7110
Copyright © 日清製粉健康保険組合2007, All Right Reserved.