日清製粉健康保険組合

スッキリ! こころにいい習慣WEB

2009年2月2日

第25回 職場がきっかけ? ストレス症候群

今回は、仕事や職場の人間関係などがきっかけで生じる“ストレス症候群”をご紹介します。これらは医学的な病名ではありませんが、うつ病や心身症、不安障害などの病気にかかっている人の一症状であるケースも考えられます。ご自分や周囲の人が、これらの症候群に当てはまっているということはありませんか? 心当たりがあったら、専門医の受診も含めて対策を考える必要があります。

出勤困難症

イラスト:出勤困難症

家を出ようとすると具合が悪くなる、電車に乗ると腹痛や下痢に襲われる、職場に近づくと足が別の方向を向いてしまうなど、自分の意思に反して職場に行けなくなる。

ふれあい恐怖症候群

人付き合いを負担に感じ、誘われても露骨に拒否したりするので、同僚や上司との関係が悪化し、次第に孤立して人と触れ合うのを恐怖に感じるようになる。

セルフナーバス症候群

自分が他人からどう見られ、どのように評価されているかを非常に気にする。それがこうじると、調査機関に自己調査を依頼するといった突飛な行動に出ることもある。

帰宅拒否症

家族からの過大な期待(昇進・昇給など)に応えられず、安らぎの場であるはずの家に帰れなくなってしまう。仕事がないのに職場に遅くまで残っていたり、どこかに立ち寄ったりして帰宅時間を引き延ばそうとする。

燃え尽き症候群

今まで第一線で熱中して働いてきた人が、ある日突然糸が切れたように無気力になり、仕事への意欲を失ってしまう。

テクノストレス症候群

パソコンなどOA機器の操作に不慣れな人が強い負担を感じたり、逆にコンピュータにのめりこみすぎて人とうまくコミュニケーションがとれなくなる。

入社症候群

希望と期待に満ちあふれて就職したものの、自分の思っていたのとは雰囲気が違う、希望していた職種と違うなどと思い悩み、無気力になる。

サンドイッチ症候群

中間管理職によくみられる。上司の命令と部下の要望の板ばさみとなり、こころの収集がつかなくなってしまう。几帳面で真面目なタイプが陥りやすい。

スーパーウーマン症候群

何事も完璧にこなさないと気が済まないタイプで、既婚の女性に多い。仕事でも家庭でも常に100点満点を目指してがんばりすぎてしまい、その負担が限界を超えると心身に疲労をきたすようになる。

転勤症候群

転勤は、家族の事情で単身赴任を余儀なくされるなど大きなストレスがかかる。それがきっかけでうつ状態に陥ってしまう。

リンク

リンク先はこちら 勤労者心の電話相談 独立行政法人労働者健康福祉機構

全国の労災病院に設置された勤労者メンタルヘルスセンターが行う、働く人の心の健康に関する無料電話相談。一部、フリーダイヤルや電子メールでの相談を受け付けているセンターもあります。

日清製粉グループ社員の方へ

日清アソシエイツ(株)のソリューション事業部のWEBにもメンタルヘルスのコーナーがありますので、こちらもぜひご利用下さい。

ページ先頭へ戻る

同コーナーのINDEXへ戻る

ご自身やご家族の大切な命を守るため、定期的にがん検診をうけましょう!
人間ドック
全国巡回健診
日清製粉健康保険組合からのお願い
平成29年度 保健事業のご案内

特定健診・特定保健指導
退職者のみなさまへ
所在地情報:〒103-0014  東京都中央区日本橋蛎殻町1-10-7  蛎殻町ビル3階  電話:03-5614-7108  FAX:03-5614-7110
Copyright © 日清製粉健康保険組合2007, All Right Reserved.