日清製粉健康保険組合

スッキリ! からだにいい習慣WEB

2009年7月1日

第30回 “感動”してますか?

人生を楽しむ「かきくけこ」をご存じですか?

イラスト:クローバー
感動
自然や物事、人に対してすばらしいと思うこころをもつ
興味
好奇心を失わず、チャレンジ精神を燃やす
工夫
仕事や人間関係をうまく運ぶために、常に工夫をする
健康
心身の健康を保つ
いくつになってもこころをときめかせる

この5つのことを常に意識していれば、脳が活性化し、いつまでも若々しさを失いません。女性なら、いつまでもキレイでいる秘訣といってもいいでしょう。

なかでももっとも大切なのが、一番はじめの “感動”です。感動とは、「ある物事に対して深く感銘し、こころを強く動かされること」。映画鑑賞、読書、釣り、スポーツ、美術館めぐり、手芸、絵を描く、歌を歌う、花や野菜を育てる……自分がドキドキ、ワクワクできることならなんでもいいのです。感動を求めて、積極的に動いてみましょう。海外旅行、一人旅、スキューバダイビングなど、未知の世界に飛び込んでみるのもいいかもしれませんね。自分の殻を破るのは、いくつになっても可能なのです。

イラスト:花や野菜を育てる

感動するこころを持っている人は、ささやかなものの中に喜びを見出すことも得意。通勤の途中でふと見つけた道端の小さな花、すれ違った子どもの笑顔、雲ひとつない澄んだ空、初めて入った喫茶店で飲んだおいしいコーヒー、同僚の励ましの一言、家族の「行ってらっしゃい」という元気な声……。こういうささやかなものにちゃんと気づき、こころを動かせるだけのゆとりを常に失わずにいたいものです。

ところで、5つめの“恋”もなかなか大切です。趣味などを通じて異性の友達をつくるのもよし、夫婦間でも、時には“夫(妻)”“父親(母親)”という役割を離れ、恋人同士のようにムードたっぷりのデートに出かけるのも素敵ですね。そういう機会があれば、おしゃれにも自然と意識がいくようになります。新しい服や靴、それまでとはガラッと違う髪形に変えてみるのもいいでしょう。おしゃれをすること自体気持ちが若返りますし、パートナーをときめかせることができるに違いありません。

ページ先頭へ戻る

同コーナーのINDEXへ戻る

ご自身やご家族の大切な命を守るため、定期的にがん検診をうけましょう!
人間ドック
全国巡回健診
日清製粉健康保険組合からのお願い
平成29年度 保健事業のご案内

特定健診・特定保健指導
退職者のみなさまへ
所在地情報:〒103-0014  東京都中央区日本橋蛎殻町1-10-7  蛎殻町ビル3階  電話:03-5614-7108  FAX:03-5614-7110
Copyright © 日清製粉健康保険組合2007, All Right Reserved.