日清製粉健康保険組合

スッキリ! からだにいい習慣WEB

2008年5月7日

第23回 ごはんとみそ汁はすぐれた健康食

イラスト:ごはんとみそ汁

日本人が古くから慣れ親しんできた和食。そのベースとなっているのがごはんとみそ汁です。日々何気なく口にしていますが、ごはんはパンと比べて太りにくい、みそ汁は野菜をたっぷりとることができるなど、改めて見直したい長所がたくさんあります。

ごはん

ごはん(米)の約77%は炭水化物で、ほとんどがでんぷんです。でんぷんは消化によりブドウ糖に変化し、脳やからだのエネルギー源となります。
次に多いのがたんぱく質で、約7%。からだをつくる大切な栄養素で、日本人はたんぱく質の約15%をお米から摂取しているといわれます。

イラスト:ごはん(米)

ダイエットの敵と思われがちな炭水化物ですが、ごはんはパンなどと比べると消化される速度が遅いため、脂肪をからだにため込んでしまうホルモンの出かたが少ないことがわかっています。また、野菜の煮物や焼き魚など、低脂肪・低エネルギーの料理との相性が抜群なので、食卓全体が自然と低脂肪・低エネルギーに抑えられます。

最近は、白米に代えて玄米などを取り入れる人も増えてきました。玄米は精白前の米で、白米と比べてビタミン、ミネラル(鉄・カリウム・マグネシウムなど)、食物繊維が豊富。玄米モード付きの炊飯器も多く出回っており、以前より気軽に楽しめるようになっています。

みそ汁

イラスト:みそ

みそはヨーグルトやチーズと同じ発酵食品。腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らしておなかや肌の調子を整えてくれます。
また、汁物はおなかにたまるので、食べ過ぎを防ぎたい人はメインのおかずを食べる前に飲むようにするといいかもしれません。

みそ汁の大きな魅力は、野菜や海藻、きのこなどからだによい食材をたっぷり食べることができる点。栄養の偏りを防ぐうえでも優秀な一品といえます。外食で付いてくるみそ汁は家庭で作るものと比べると具が少なめですから、出来合いの総菜を買って帰った時も、みそ汁は家で用意するようにしたいものです。

おいしいみそ汁をつくるコツ

イラスト:みそ汁
  1. 少し濃いめにだしをとる
  2. 具の煮かたに一工夫
    • いも類や大根などの根菜類はみそを入れる前にだし汁でやわらかくなるまで煮る
    • 豆腐やわかめはみそを溶き入れた直後に入れて軽く煮る
    • ねぎやわけぎなどは汁が煮え立つ直前に加える

リンク

リンク先はこちら365日味噌汁レシピ

味噌汁のレシピや味噌汁の調理方法、味噌を使ったお料理レシピの紹介、味噌が健康に良い理由など味噌についてのお役立ち情報が満載の味噌汁専門サイト

ページ先頭へ戻る

同コーナーのINDEXへ戻る

ご自身やご家族の大切な命を守るため、定期的にがん検診をうけましょう!
人間ドック
全国巡回健診
日清製粉健康保険組合からのお願い
平成29年度 保健事業のご案内

特定健診・特定保健指導
退職者のみなさまへ
所在地情報:〒103-0014  東京都中央区日本橋蛎殻町1-10-7  蛎殻町ビル3階  電話:03-5614-7108  FAX:03-5614-7110
Copyright © 日清製粉健康保険組合2007, All Right Reserved.