日清製粉健康保険組合

スッキリ! からだにいい習慣WEB

2007年11月1日

第19回 「時間帯」を意識して食べましょう

イラスト:食事の時間帯

太りやすいからだをリセットするためには、食べる量やメニューだけでなく、食べる時間帯を意識することも大切。からだのリズムに合わせたタイミングで食べるようにすれば、太りにくくなることができます!

寝る3時間前までに食べ終える

寝ている間は、起きて活動している時ほどエネルギーが消費されません。だから、食べてすぐに寝てしまうと、摂取した脂肪分や糖分はそのまま蓄積されて肥満に直結! 仕事などで帰りが遅くなってしまう時は、帰宅後の食事をひかえめにするよう心がけて。

睡眠時間を増やす

食べてすぐ寝るのもよくありませんが、夜更かしも感心しません。遅くまで起きているとまたおなかがすいて、結局就寝直前に夜食を食べてしまうことにもなりかねないからです。この際夜更かしをやめて、早く寝てしまうのも手です。そうすれば余計なものを食べずに済みますし、睡眠をたっぷりとれば翌朝スッキリ目覚めることができるでしょう。

食事と食事の間は5時間ほどあける

食べたものを胃の中で消化するには3時間から5時間程度かかるといわれています。ほどよく空腹を感じるまで時間をおけば、次の食事もよりおいしく食べられるはず。

どうしても甘いものがほしくなったら午前中に

午前中は比較的太りにくい時間帯なのをご存じですか? 理由は、インスリンの働きを抑えて脂肪を分解してくれるホルモン「グルカゴン」が早朝から日中にかけて多く分泌されているからです。甘いものや脂肪分の高いものがどうしても食べたい時は、午前中に食べるようにするとよいでしょう。

……とはいえ、時間帯さえ気をつければいくらドカ食いしてもよい、という意味ではありません。どんな時も適量を心がけて食べたいですね。

リンク

リンク先はこちら農林水産省:なぜ?なに?食育!!

ページ先頭へ戻る

同コーナーのINDEXへ戻る

ご自身やご家族の大切な命を守るため、定期的にがん検診をうけましょう!
人間ドック
全国巡回健診
日清製粉健康保険組合からのお願い
平成29年度 保健事業のご案内

特定健診・特定保健指導
退職者のみなさまへ
所在地情報:〒103-0014  東京都中央区日本橋蛎殻町1-10-7  蛎殻町ビル3階  電話:03-5614-7108  FAX:03-5614-7110
Copyright © 日清製粉健康保険組合2007, All Right Reserved.