日清製粉健康保険組合

スッキリ! からだにいい習慣WEB

2007年1月15日

第7回 体重を毎日、はかる

なぜ太ってはダメなの?

イラスト:なぜ太ってはダメなの?

なぜ食べすぎてはいけないのか? それはつまり、太るから。ではなぜ太ってはいけないのでしょう。外見上の問題もありますが、最近よく耳にする「メタボリックシンドローム」と肥満が深く関わっているからなのです。

メタボリックシンドロームとは、内臓に脂肪が付いてウエスト周りが太くなる「内臓脂肪型肥満」の人が、軽度でも「高脂血症」「高血圧」「糖尿病」といった生活習慣病を2つ以上もっている状態のこと。自覚症状は出にくいものの、この状態は「動脈硬化」を急激に悪化させてしまいます。動脈硬化は、やがて心臓病や脳卒中など死に至る恐ろしい病気を招きます。日本人の約3割はこうした病気が原因で亡くなっていますから、メタボリックシンドローム対策はとても大切です。

イラスト:メタボリックシンドロームが起こるしくみ

※1 肥満チェック(おへその高さで測ります)
男性:腹囲85cm以上、女性:腹囲90cm以上
※2 血液中の脂肪が異常に多い状態
中性脂肪150mg/dl以上 または HDLコレステロール40mg/dl未満
※3 血圧が異常に高くなり、血管に負担がかかっている状態
収縮期血圧130mmHg以上 または 拡張期血圧85mmHg以上
※4 インスリンの不足などにより、血糖値が異常に高い状態
空腹時血糖値110mg/dl以上

イラスト:体重を毎日はかる メタボリックシンドロームを予防・解消するポイントは「食生活」と「運動」。この2つはバランスが大事で、どんなに運動をしていても、食べすぎてしまえば苦労は水の泡です。

食べすぎを防ぐアイディアのひとつに、“体重を毎日はかる”というのがあります。「最近食べすぎてるなぁ」という自覚があると、体重をはかるのは嫌なもの。でも、そういう時こそちゃんと体重計にのり、自分の体重の変動をチェックしましょう。「このままではまずい」という危機感がモチベーションを高めてくれるかもしれません。

リンク

リンク先はこちら知っ得?納得!!メタボリックシンドローム

ページ先頭へ戻る

同コーナーのINDEXへ戻る

ご自身やご家族の大切な命を守るため、定期的にがん検診をうけましょう!
人間ドック
全国巡回健診
日清製粉健康保険組合からのお願い
平成29年度 保健事業のご案内

特定健診・特定保健指導
退職者のみなさまへ
所在地情報:〒103-0014  東京都中央区日本橋蛎殻町1-10-7  蛎殻町ビル3階  電話:03-5614-7108  FAX:03-5614-7110
Copyright © 日清製粉健康保険組合2007, All Right Reserved.