日清製粉健康保険組合

健康保険制度ここが変わる

HOME健康保険制度ここが変わる>平成28年4月からの改正内容

平成28年4月からの改正内容

標準報酬月額の区分が47等級から50等級へ

標準報酬月額は、これまで47等級に分けられていましたが、平成28年4月から3等級区分を追加し50等級に変わりました。 これに伴い、標準報酬月額の上限額も121万円から139万円に変わりました。

リンク先はこちら参照 標準報酬について

標準賞与額の上限額が540万円から573万円へ

平成28年4月1日から、標準賞与額の上限額がこれまでの540万円から33万円引き上げられ、573万円となりました。

リンク先はこちら参照 標準報酬について

健康保険の一般保険料率の上限が1000分の120から1000分の130へ

健康保険の一般保険料率は、これまで1000分の30から1000分の120の範囲で保険者が決めることになっていました。
平成28年4月1日からは料率の上限が1000分の130に引き上げられました。

リンク先はこちら参照 保険料について

入院したときの食事代が段階的に引き上げられます

在宅で療養する方との負担を公平にするため、入院のときの食事代が段階的に引き上げられることになりました。

これまで1食あたりの負担額は260円でしたが、平成28年4月1日からは360円となりました。平成30年4月1日からは、460円となる予定です。 ただし、低所得者、指定難病および小児慢性特定疾病の患者については、これまでどおり260円で据え置く予定です。

リンク先はこちら参照 入院したときの食事代

傷病手当金と出産手当金の算定方法の変更について

傷病手当金と出産手当金の1日あたりの支給額は、平成28年4月1日から次のように変わりました。

◆ 傷病手当金と出産手当金の1日あたりの支給額 計算方法の変更点

変更前

<平成28年3月31日までの計算方法>

標準報酬日額(標準報酬月額を30で割った額)の3分の2相当額

変更後

<平成28年4月1日からの計算方法>

支給開始日の属する月以前の直近の12か月の標準報酬月額を平均した額の30分の1に相当する額の3分の2相当額

ただし、標準報酬月額が定められている月が12か月に満たない場合は、支給開始日以前の直近の継続した各月の標準報酬月額を平均した額の30分の1に相当する額、または支給開始日の属する年度の前年度の9月30日における全被保険者の標準報酬月額を平均した額の30分の1に相当する額の、いずれか少ない額の3分の2相当額とします。

リンク先はこちら参照 出産したとき

リンク先はこちら参照 病気やけがで仕事を休むとき

紹介状なしで大病院を受診するときの追加負担について

平成28年4月1日から、救急などの場合を除き、紹介状なしで大病院を受診した場合には、医療費の一部負担以外に病院が定める初診や再診の費用が別途負担が必要となりました。

これにより、特定機能病院および500床以上の病院では、初診時に5,000円以上(歯科は3,000円以上)、再診時に2,500円以上(歯科は1,500円以上)の別途負担がかかります。

リンク先はこちら参照 差額を負担するとき

ページ先頭へ戻る

同コーナーのINDEXへ戻る

人間ドック
全国巡回健診
日清製粉健康保険組合からのお願い

健康トピックス
平成29年度 保健事業のご案内

特定健診・特定保健指導
退職者のみなさまへ
所在地情報:〒103-0014  東京都中央区日本橋蛎殻町1-10-7  蛎殻町ビル3階  電話:03-5614-7108  FAX:03-5614-7110
Copyright © 日清製粉健康保険組合2007, All Right Reserved.