日清製粉健康保険組合

健康保険制度ここが変わる

HOME健康保険制度ここが変わる>平成21年10月からの改正内容

平成21年10月からの改正内容

出産育児一時金が引き上げられました

産科医療補償制度発足に伴い、平成21年1月から出産育児一時金は3万円引き上げられましたが、国の緊急の少子化対策として平成21年10月以降に出産した場合、出産育児一時金が一律4万円引き上げ(※)られます。

出産育児一時金・家族出産育児一時金の支給額

  平成21年9月30日までの出産   平成21年10月1日以後の出産(※)
  保険給付(法定給付)   保険給付(法定給付)
産科医療補償制度に加入している医療機関等で出産したとき
※妊娠22週以後の出産(死産を含む)の場合に限ります。
1児につき
380,000円

(双児以上の場合は人数分)
→ 1児につき
420,000円

(双児以上の場合は人数分)
産科医療補償制度に加入していない医療機関等で出産したとき
在胎週数22週未満の出産のとき
1児につき
350,000円

(双児以上の場合は人数分)
→ 1児につき
390,000円

(双児以上の場合は人数分)

※この制度は、平成21年10月1日から平成23年3月31日までの暫定措置です。

リンク先はこちら参照 出産したとき

ページ先頭へ戻る

出産育児一時金「直接支払制度」が創設されました

被保険者の方の経済的負担を軽減し、安心して出産できるようにするため出産費用に出産育児一時金を直接充てることができるよう、平成21年10月からは、原則として健康保険組合が直接医療機関等に出産育児一時金を支給する「直接支払制度」が創設(※)されました。

平成21年10月から平成22年3月に出産される方は、出産される医療機関等が、「直接支払制度」に対応しているか、出産前に医療機関等の窓口でご確認ください。

原則として、平成21年10月から「直接支払制度」を実施しておりますが、平成22年3月までは直接支払制度に移行するための準備をすすめている医療機関等があります。
その場合は「直接支払制度」を利用できませんので、従来通りの方法(分娩費用を全額自己負担いただき、後日、日清製粉健康保険組合から被保険者に出産育児一時金を支給)で支給します。

出産育児一時金・家族出産育児一時金の支給方法

平成21年9月30日までの出産   平成21年10月1日以後の出産(※1)
分娩費用を全額自己負担いただき、後日、日清製粉健康保険組合から被保険者に出産育児一時金を支給 →
原則 日清製粉健康保険組合が直接医療機関等に出産育児一時金を支給(直接支払制度)



●直接支払制度を希望されない場合
●海外で出産した場合
●直接支払制度に対応していない医療機関等の場合(平成22年3月まで)」
分娩費用を全額自己負担いただき、後日、日清製粉健康保険組合から被保険者に出産育児一時金を支給
医療機関への分娩費用の支払いを出産育児一時金によって清算できるように、日清製粉健康保険組合が分娩した医療機関等へ出産育児一時金を支給(受取代理制度) → <廃止>

※1 この制度は、平成21年10月1日から平成23年3月31日までの暫定措置です。

<ご注意>

出産費用が出産育児一時金の支給額420,000円(産科医療補償制度に加入していない医療機関等で出産したときは390,000円)を超えた場合の差額は、自己負担となりますので、医療機関等へお支払いください。

出産育児一時金付加金・家族出産育児付加金の35,000円及び出産にかかった費用が出産育児一時金等の支給額の420,000円(産科医療補償制度に加入していない医療機関等で出産したときは390,000円)の範囲内であった場合に生じた差額は、日清製粉健康保険組合から被保険者に申請により支給します。

リンク先はこちら参照 出産したとき

ページ先頭へ戻る

高額医療・高額介護合算制度の支給申請が平成21年8月から受付開始しています。

みなさまが、保険医療機関で受診したときの自己負担額と、介護保険のサービスを利用したときの自己負担額が高額になったときは、月額で限度額が設けられています。
さらに、それらを合算して年額で限度額を設ける制度が高額医療・高額介護合算制度です。限度額を超えた分は、申請して認められるとあとから支給されます。

この制度は平成20年4月に創設されましたが、実際に支給申請ができるのは平成21年 8月からです。平成20年4月から今年の7月までに、「高額療養費」と「高額介護サービス費」の両方が支給された世帯は、高額介護合算療養費が支給される可能性がありますので、申請してください。

申請のしかた

  1. 市区町村の介護保険の担当窓口に「支給申請書兼自己負担額証明書交付申請書」を提出します。
  2. 介護保険の担当窓口から「自己負担額証明書」を交付してもらいます。
  3. 2でもらった「自己負担額証明書」を添付して、日清製粉健康保険組合に支給の申請をします。
  4. (日清製粉健康保険組合で支給額の計算をします。)
  5. (日清製粉健康保険組合から、算出した額を市区町村の介護保険の担当窓口を通知します。)
  6. 日清製粉健康保険組合と市区町村の介護保険の担当窓口の両方から、被保険者に支給される額が通知され、支給されます。

リンク先はこちら参照 自己負担が高額になったとき

ページ先頭へ戻る

同コーナーのINDEXへ戻る

人間ドック
全国巡回健診
日清製粉健康保険組合からのお願い

健康トピックス
平成29年度 保健事業のご案内

特定健診・特定保健指導
退職者のみなさまへ
所在地情報:〒103-0014  東京都中央区日本橋蛎殻町1-10-7  蛎殻町ビル3階  電話:03-5614-7108  FAX:03-5614-7110
Copyright © 日清製粉健康保険組合2007, All Right Reserved.