日清製粉健康保険組合

健康保険制度ここが変わる

HOME健康保険制度ここが変わる>平成21年1月からの改正内容

平成21年1月からの改正内容

出産育児一時金が引き上げられました

産科医療補償制度発足に伴い平成21年1月より産科医療補償制度に加入している医療機関等で出産した場合は、出産育児一時金・家族出産育児一時金が380,000円に引き上げられました。
平成20年12月31日までの出産及び産科医療補償制度に加入していない医療機関等で出産の場合は、従来通り350,000円です。

また、平成21年1月以降に産科医療補償制度に加入している医療機関等で出産した場合は、出産育児一時金・家族出産育児一時金申請時に、医療機関等が発行する領収書(「スタンプ」(※注)の押印がされたもの)の写しを添付してください。

産科医療補償制度対象分娩であることを証明するスタンプ(イメージ)

※注:産科医療補償制度対象分娩であることを
証明するスタンプ(イメージ)

出産育児一時金・家族出産育児一時金の支給額

平成20年12月31日までの出産
保険給付(法定給付) 申請書類
1児につき
350,000円

(双児以上の場合は人数分)
●出産育児一時金請求書
※医師・助産師による出産証明、または市(区)町村長による出生届日等の証明の記入必要
平成21年1月1日以後の出産
保険給付(法定給付) 申請書類



産科医療補償制度に加入している医療機関等で出産したとき※妊娠22週以後の出産(死産を含む)の場合に限ります。 1児につき
380,000円

(双児以上の場合は人数分)

●出産育児一時金請求書※医師・助産師による出産証明、または市(区)町村長による出生届日等の証明の記入必要

●医療機関等が発行する領収書の写し
※産科医療補償制度対象分娩であることを証明するスタンプの押印必要




産科医療補償制度に加入していない医療機関等で出産したとき 1児につき
350,000円

(双児以上の場合は人数分)

●出産育児一時金請求書※医師・助産師による出産証明、または市(区)町村長による出生届日等の証明の記入必要

●産科医療補償制度に加入している医療機関等での出産であっても、妊娠22週未満の出産(流産・人工中絶を含む)であるとき

ページ先頭へ戻る

詳しく教えて! Q&A

ページ先頭へ戻る

同コーナーのINDEXへ戻る

人間ドック
全国巡回健診
日清製粉健康保険組合からのお願い

健康トピックス
平成29年度 保健事業のご案内

特定健診・特定保健指導
退職者のみなさまへ
所在地情報:〒103-0014  東京都中央区日本橋蛎殻町1-10-7  蛎殻町ビル3階  電話:03-5614-7108  FAX:03-5614-7110
Copyright © 日清製粉健康保険組合2007, All Right Reserved.