日清製粉健康保険組合

介護保険制度

HOME退職者のみなさまへ>介護保険制度>介護保険とは?

介護保険とは?

介護保険の目的

介護保険は社会保険のひとつで、介護が必要となった人に介護サービスを提供し、問題や不安を解消して、できるだけ自立した日常生活が送れるように社会全体で支えていくことを目的としています。

ページ先頭へ戻る

介護保険のしくみ

介護保険は市区町村が保険者となって運営します。40歳以上の方が被保険者となって保険料を負担し、介護が必要と認定されたときには、費用の一部(原則1割、一定以上の所得がある方は2割)を支払い、介護サービスを利用するしくみとなっています。
日清製粉健康保険組合では、加入者のうち介護保険の第2号被保険者にあたる40歳以上65歳未満の方々の保険料を徴収しています。日清製粉健康保険組合が徴収した介護保険料は、介護保険納付金として社会保険診療報酬支払基金に納められ、そこから各市区町村へ交付されます。

図解:介護保険のしくみ

ページ先頭へ戻る

介護サービスを利用できる方

介護保険の場合は健康保険と違い、被保険者の全てがサービスを受けられるわけではありません。介護サービスを受けられる方は次の方たちに限定されています。

第1号被保険者の場合 第2号被保険者の場合
入浴、排泄、食事など日常の生活動作について常に介護が必要な状態と認定された方や、家事や身支度などの日常生活に支援が必要と認定された方。

イラスト:第1号被保険者の場合

老化が原因とされる特定疾病により、介護や支援が必要な状態と認定された方。

イラスト:第2号被保険者の場合

ページ先頭へ戻る

同コーナーのINDEXへ戻る

所在地情報:〒103-0014  東京都中央区日本橋蛎殻町1-10-7  蛎殻町ビル3階  電話:03-5614-7108  FAX:03-5614-7110
Copyright © 日清製粉健康保険組合2007, All Right Reserved.