日清製粉健康保険組合

老人保健制度

HOME退職者のみなさまへ>後期高齢者医療制度

医療の給付は後期高齢者医療制度で

75歳(一定の障害のある方は65歳)以上の被保険者および被扶養者は、「後期高齢者医療制度」に「被保険者」として加入し、医療を受けます。 被保険者の資格を得るのは75歳の誕生日からです。この制度は各都道府県のすべての市区町村が加入する「後期高齢者医療広域連合」と「市区町村」が協力して運営します。

ワンポイント

・被扶養者だった人も被保険者になります
これまで、被扶養者だった人も、75歳の誕生日当日から後期高齢者医療制度の被保険者となり、保険料を納めることになります。
被保険者が75歳となった場合、その被扶養者が75歳未満の場合はその方の被扶養者ではなくなり、他の医療保険者に加入することになります。

ページ先頭へ戻る

一部負担の割合は1割か3割

後期高齢者医療制度で医療を受ける人の医療費一部負担の割合は、75歳未満の規定と同じ様に原則1割または3割となります。

 

ページ先頭へ戻る

受診するときは

保険医療機関等で受診する際は、後期高齢者医療制度の保険証を提示します。

ページ先頭へ戻る

同コーナーのINDEXへ戻る

所在地情報:〒103-0014  東京都中央区日本橋蛎殻町1-10-7  蛎殻町ビル3階  電話:03-5614-7108  FAX:03-5614-7110
Copyright © 日清製粉健康保険組合2007, All Right Reserved.