日清製粉健康保険組合

任意継続被保険者

HOME退職者のみなさまへ>任意継続被保険者

任意継続被保険者になるには

退職すると、その翌日には日清製粉健康保険組合の被保険者資格を失いますが、退職の日まで継続して2か月以上被保険者であった方は、申請すれば2年間、個人で加入を続けることができます。これを任意継続被保険者といいます。
保険給付の内容は、退職後の出産手当金と傷病手当金の支給がないことを除けば被保険者・被扶養者とも、一般の被保険者・被扶養者と変わりません。付加給付や保健事業についても同じです。
申請が受理されると、自宅へ初回保険料の納付書が送られ、保険料の入金確認後、任意継続被保険者であることを表示した保険証が交付されます。

図解:任意継続被保険者になるには

リンク先はこちら手続きはこちら

リンク先はこちら 退職に伴う被扶養者認定と雇用保険受給の関係、取り扱いについてはこちら

ページ先頭へ戻る

任意継続被保険者の保険料

在職時と違い、保険料は会社負担分も含めて全額負担となり、納付の手続きも自分で行います。保険料は、退職時の標準報酬月額と、日清製粉健康保険組合の全被保険者の標準報酬月額の平均を比べ、どちらか低いほうに保険料率を掛けて算出します。また、40歳以上65歳未満の方は介護保険料も全額負担します。
納付期限は毎月10日で、その日までに納めないと、任意継続被保険者の資格を失います。

図解:任意継続被保険者の保険料

ページ先頭へ戻る

任意継続被保険者の資格がなくなるときは

次のような場合、任意継続被保険者の資格を失います。

保険料を期限までに納めなかったとき 資格取得日から2年経過したとき
イラスト:保険料を期限までに納めなかったとき イラスト:資格取得日から2年経過したとき
再就職して別の健康保険の被保険者になったとき 本人が亡くなったとき
イラスト:再就職して別の健康保険の被保険者になったとき イラスト:本人が亡くなったとき
後期高齢者医療制度の被保険者となったとき
イラスト:後期高齢者医療制度の被保険者となったとき  

ページ先頭へ戻る

任意継続被保険者資格の喪失後に受けられる給付

被保険者は、資格喪失後も次の給付を受けることができます。ただし、付加給付はありません。

埋葬料(費)

次の場合には、埋葬料として一律50,000円が支給されます。

  • 資格喪失後3か月以内に死亡したとき(法第105条)
  • 傷病手当金受給者が死亡したとき

埋葬料を受け取る家族がいない場合は、埋葬を行った方に50,000円を上限とした実費が埋葬費として支給されます。

参考

健康保険法第105条(資格喪失後の死亡に関する給付)
前条の規定により保険給付を受ける者が死亡したとき、同条の規定により保険給付を受けていた者がその給付を受けなくなった日後3か月以内に死亡したとき、又はその他の被保険者であった者が被保険者の資格を喪失した日後3か月以内に死亡したときは、被保険者であった者により生計を維持していた者であって、埋葬を行うものは、その被保険者の最後の保険者から埋葬料の支給を受けることができる。

ページ先頭へ戻る

詳しく教えて! Q&A

ページ先頭へ戻る

同コーナーのINDEXへ戻る

所在地情報:〒103-0014  東京都中央区日本橋蛎殻町1-10-7  蛎殻町ビル3階  電話:03-5614-7108  FAX:03-5614-7110
Copyright © 日清製粉健康保険組合2007, All Right Reserved.