日清製粉健康保険組合

自己負担が高額になった

HOMEこんなときは届け出を>自己負担が高額になった

長期にわたり高額な医療費がかかる

腎透析患者や血友病患者、HIV感染症患者など、長期にわたり高額な医療費のかかる病気の方が、「特定疾病療養受療証」の交付を受け、受診した場合は、自己負担額が軽減(または公費負担)されます。
「特定疾病療養受療証」の交付を受けるときは、「特定疾病療養受療証交付申請書」に必要事項を記入し医師の証明をもらい、更生医療券など必要書類を添えて日清製粉健康保険組合に提出してください。

リンク先はこちら参照ページ人工透析者・血友病患者等の場合(70歳未満)

ページ先頭へ戻る

高額医療・高額介護合算制度の支給申請をする

「高額療養費」と「高額介護サービス費」の両方が支給された世帯は、高額介護合算療養費が市区町村から支給される可能性がありますので、市区町村と日清製粉健康保険組合に申請してください。

■ 申請のしかた

  1. 市区町村の介護保険の担当窓口に「支給申請書兼自己負担額証明書交付申請書」を提出します。
  2. 市区町村の介護保険の担当窓口から「自己負担額証明書」を交付してもらいます。
  3. 2でもらった「自己負担額証明書」を添付して、日清製粉健康保険組合に申請をします。
  4. (日清製粉健康保険組合で支給額の計算をします。)
  5. (日清製粉健康保険組合から、算出した額を市区町村の介護保険の担当窓口に通知します。)
  6. 日清製粉健康保険組合と市区町村の介護保険の担当窓口の両方から、被保険者に支給される額が通知され、被保険者に支給されます。

リンク先はこちら参照ページ自己負担が高額になったとき

ページ先頭へ戻る

同コーナーのINDEXへ戻る

所在地情報:〒103-0014  東京都中央区日本橋蛎殻町1-10-7  蛎殻町ビル3階  電話:03-5614-7108  FAX:03-5614-7110
Copyright © 日清製粉健康保険組合2007, All Right Reserved.