日清製粉健康保険組合

子どもが生まれた

HOMEこんなときは届け出を>子どもが生まれた

子どもを被扶養者にするには

生まれた子どもを被扶養者にするときは、「被扶養者(異動)届」に必要事項を記入し、扶養理由書や、日清製粉健康保険組合の指定する必要書類(扶養を証明するもの)を添えて、事由の発生から5日以内に各事業所の担当者をとおして日清製粉健康保険組合に提出してください。

リンク先はこちら参照ページ被扶養者

ページ先頭へ戻る

出産育児一時金(家族出産育児一時金)の支給を受けるには

出産育児一時金の請求方法は次の3通りです。

直接支払制度を利用するとき

「保険証」及び「高額療養費限度額適用認定証」(妊婦健診等でリスクが判明した場合等)を出産する医療機関等の窓口に提示してください。出産後、かかった費用などがかかれた明細書が医療機関等より交付されます。

<注意>
  • 出産費用が出産育児一時金の支給額420,000円(産科医療補償制度に加入していない医療機関等で出産したときは404,000円)を超えた場合の差額は、自己負担となりますので、医療機関等へお支払いください。
  • 出産育児一時金付加金・家族出産育児付加金の35,000円及び出産にかかった費用が出産育児一時金等の支給額の420,000円(産科医療補償制度に加入していない医療機関等で出産したときは404,000円)の範囲内であった場合に生じた差額は、日清製粉健康保険組合から被保険者に支給します。

受取代理制度を利用するとき

受取代理制度とは健康保険組合に出産育児一時金の請求を行う際、出産する医療機関等にその受け取りを委任することにより、医療機関等へ直接出産育児一時金が支給される制度です。上記直接支払制度を導入していない小規模な診療所、助産所に限って使える制度です。出産育児一時金支給申請書に必要事項を記入の上、出産を予定する医療機関等に、必要事項の記入や押印をしてもらい、日清製粉健康保険組合に提出してください。

<対象者>

出産予定まで2か月以内の被保険者・被扶養者
※出産予定の医療機関等が、受取代理制度を導入しているかどうか事前にご確認ください。

<申請に必要な書類>

出産育児一時金支給申請書

<注意>

  • 出産費用が出産育児一時金の支給額420,000円(産科医療補償制度に加入していない医療機関等で出産したときは404,000円)を超えた場合の差額は、自己負担となりますので、医療機関等へお支払いください。
  • 出産育児一時金付加金・家族出産育児付加金の35,000円及び出産にかかった費用が出産育児一時金等の支給額の420,000円(産科医療補償制度に加入していない医療機関等で出産したときは404,000円)の範囲内であった場合に生じた差額は、日清製粉健康保険組合から被保険者に支給します。

直接支払制度、受取代理制度を利用しない場合や海外で出産したとき

出産にかかる費用をいったん全額自己負担していただき、後日、日清製粉健康保険組合から被保険者へ出産育児一時金を支給します。

<申請に必要な書類>

出産育児一時金請求書

<添付する書類等>

  • 出産にかかった費用の領収書及び明細書の写し
    産科医療補償制度に加入している医療機関で出産した場合は、医療機関が発行する領収書(スタンプの押印がされたもの)
  • 代理契約に関する文書の写し(直接支払制度、受取代理制度等を利用しない旨を医療機関と取り交わした合意文書)

産科医療補償制度対象分娩であることを証明するスタンプ(イメージ)

産科医療補償制度対象分娩であることを
証明するスタンプ(イメージ)

リンク先はこちら参照ページ出産育児一時金

ページ先頭へ戻る

出産手当金の支給を受けるには

出産手当金の支給を受けるには、「出産手当金請求書」に必要事項を記入の上、医師・助産師による出産証明、及び欠勤中の給与の支払いに関する事業主の証明を記入してもらい、各事業所の担当者をとおして日清製粉健康保険組合に提出してください。

リンク先はこちら参照ページ出産手当金

ページ先頭へ戻る

産前産後休業中の保険料免除

産前産後休業中の被保険者は、保険料が免除されます。保険料が免除される期間は、産前産後休業期間(※)中(開始月から終了日の翌日の属する月の前月まで)です。

(※)産前産後休業期間・・・出産日(出産予定日より遅れた場合は出産予定日)以前42日(双子以上の場合は98日)から、出産日後56日までのうち、妊娠または出産を理由として労務に従事しなかった期間

図解:産前産後休業中の保険料免除

ページ先頭へ戻る

育児休業期間中の保険料免除を受けるには

育児休業等期間中の保険料免除を受けるには、「健康保険育児休業等保険料免除申出書」に被保険者が必要事項を記入したあと、各事業所の担当者が日清製粉健康保険組合に提出します。

リンク先はこちら参照ページ育児休業等による休業中の保険料免除

ページ先頭へ戻る

育児休業等終了予定日を変更したときは

育児休業終了予定日より前に育児休業を終了する場合は、「健康保険育児休業取得者終了届」を提出してください。

ページ先頭へ戻る

育児休業等終了後に標準報酬に変更があったときは

育児休業等を終了したあとに標準報酬に変更があったときは、「健康保険育児休業等終了時報酬月額変更届」に被保険者が必要事項を記入し、各事業所の担当者をとおして日清製粉健康保険組合に申し出を行えば、標準報酬の改定を行います。

リンク先はこちら参照ページ標準報酬の決め方

ページ先頭へ戻る

同コーナーのINDEXへ戻る

所在地情報:〒103-0014  東京都中央区日本橋蛎殻町1-10-7  蛎殻町ビル3階  電話:03-5614-7108  FAX:03-5614-7110
Copyright © 日清製粉健康保険組合2007, All Right Reserved.