日清製粉健康保険組合

訪問看護を受けられるとき

HOMEこんなときどうする?>訪問看護を受けられるとき

訪問看護療養費

看護師などが患者の自宅をおとずれ、療養上の世話や診療の補助をするのが訪問看護です。
病気やけがのために自宅で長期療養する被保険者(被扶養者)が、主治医の指示で訪問看護サービスを利用するとき、日清製粉健康保険組合が認めれば、基本利用料を負担するだけでサービスを受けることができます。基本利用料以外の残りの費用は「訪問看護療養費」(被扶養者の場合は家族訪問看護療養費)として日清製粉健康保険組合から支給されます。
なお、基本利用料は高額療養費の支給対象になります。

ページ先頭へ戻る

基本利用料

訪問看護にかかった費用のうち、基本利用料として患者が負担するのは、自己負担相当額です(義務教育就学後70歳未満3割、義務教育就学前2割、70歳以上75歳未満2割(※2)〈ただし現役並み所得者3割〉)。おむつ代、交通費、営業時間外の特別料金などは、それとは別に患者が負担しなければなりません。

義務教育就学前とは、6歳に達する日以降の最初の3月31日まで。

※2 誕生日が昭和19年4月1日以前の方は1割

ワンポイント

・介護保険が使える場合は…
介護保険の要介護者等の場合には、原則として介護保険のほうが優先されます。

図解:訪問看護療養費の流れ

ページ先頭へ戻る

詳しく教えて! Q&A

ページ先頭へ戻る

同コーナーのINDEXへ戻る

所在地情報:〒103-0014  東京都中央区日本橋蛎殻町1-10-7  蛎殻町ビル3階  電話:03-5614-7108  FAX:03-5614-7110
Copyright © 日清製粉健康保険組合2007, All Right Reserved.