日清製粉健康保険組合

入院したときの食事代

HOMEこんなときどうする?>入院したときの食事代

標準負担額

入院したときの食事代は、被保険者・被扶養者ともに1食につき360円(※)を負担すればよいことになっています。この360円は「標準負担額」といい、平均的な家計における食費をもとに厚生労働大臣が額を定めます。
ただし、住民税非課税世帯の場合や指定難病患者、小児慢性特定疾病等は、標準負担額が軽減されます(別途申請手続きが必要)。なお、標準負担額は高額療養費の支給対象にはなりません。

(※)標準負担額は段階的に引き上げられ、平成30年4月からは460円になる予定です。

所得区分 標準負担額/一食
一般(下記以外の方) 360円
市町村民税非課税世帯
低所得者II
90日以下の入院 210円
90日超の入院
(過去12か月の入院日数)
160円
低所得者T 100円

ページ先頭へ戻る

入院時食事療養費

食事代から標準負担額を除いた残りの額は「入院時食事療養費」として、日清製粉健康保険組合が負担します。なお、被扶養者の入院時食事療養費は、家族療養費として支給されます。

ページ先頭へ戻る

詳しく教えて! Q&A

ページ先頭へ戻る

同コーナーのINDEXへ戻る

所在地情報:〒103-0014  東京都中央区日本橋蛎殻町1-10-7  蛎殻町ビル3階  電話:03-5614-7108  FAX:03-5614-7110
Copyright © 日清製粉健康保険組合2007, All Right Reserved.