日清製粉健康保険組合

立て替え払いをするとき

HOMEこんなときどうする?>立て替え払いをするとき

療養費

健康保険では、病気やけがのときには保険医療機関に保険証を提示して、医療を受けるのが原則です。しかし、医師の指示・同意により医療機関以外で処置を受ける場合や、旅先で急病になって保険証を持っていなかったときは保険診療が受けられません。このような場合は、かかった費用を一時立て替えておき、あとで日清製粉健康保険組合に申請し、承認されれば払い戻しが受けられます。この払い戻される分を療養費といいます。療養費が支給されるケースは、具体的に次のようなものがあります。
なお、機関によっては健康保険に対応していない場合がありますので、ご注意ください。

近くに保険医療機関がないか、あっても利用できない事情があった場合 健康保険の資格取得手続き中の病気やけがの場合 やむを得ずに保険医療機関以外で診療を受けた場合 (担ぎ込まれたところが保険医療機関でなかった場合など)
イラスト:近くに保険医療機関がないか、あっても利用できない事情があった場合 イラスト:健康保険の資格取得手続き中の病気やけがの場合 イラスト:やむを得ずに保険医療機関以外で診療を受けた場合
コルセットなどの治療用装具を医師の指示により作成、装着した場合 医師の同意のもと、マッサージ・あんま・はり・灸の治療をした場合 輸血のとき、病院を通じて生血を購入した場合
イラスト:治療用装具を医師の指示により作成、装着した場合 イラスト:医師の同意のもと、マッサージ・あんま・はり・灸の治療をした場合 イラスト:輸血のとき、病院を通じて生血を購入した場合
海外での病気やけがで、現地で治療を受けた場合(海外療養費) 日清製粉健康保険組合が必要と認めた場合  
イラスト:海外での病気やけがで、現地で治療を受けた場合 イラスト:健康保険組合が必要と認めた場合

リンク先はこちら手続きはこちら

ページ先頭へ戻る

療養費の支給額

療養費として支払われるのは、医療費の全額ではありません。健康保険で給付が認められている治療方法とその料金に基いて基準額を算出し、そこから自己負担に相当する額(義務教育就学後70歳未満3割、義務教育就学前2割、70歳以上75歳未満2割(※)〈ただし現役並み所得者3割〉)を差し引いた金額が払い戻されることになります。
また、実際に立て替えた額が算出した基準額を下回る場合には、その低いほうの額から自己負担に相当する額を差し引いた金額が支払われます。

(※)誕生日が昭和19年4月1日以前の方は1割

図解:立て替えた額が算出額よりも少ない場合

図解:立て替えた額が算出額よりも多い場合

ページ先頭へ戻る

詳しく教えて! Q&A

ページ先頭へ戻る

同コーナーのINDEXへ戻る

所在地情報:〒103-0014  東京都中央区日本橋蛎殻町1-10-7  蛎殻町ビル3階  電話:03-5614-7108  FAX:03-5614-7110
Copyright © 日清製粉健康保険組合2007, All Right Reserved.