日清製粉健康保険組合

接(整)骨院にかかるとき

HOMEこんなときどうする?>接(整)骨院にかかるとき

健康保険が使えるのは限られた範囲

接(整)骨院は、国家資格を持つ「柔道整復師」が施術を行う施設ですが、健康保険を使える範囲は法律で限定されています。

健康保険が
使える場合
医師の施術同意書が必要 医師の施術同意書は不要
骨折、脱臼 ねん挫、打撲、挫傷、骨折・脱臼の応急手当て
健康保険が
使えない場合
(「健康保険が使える場合」以外のもの)
・疲労や年齢における肩こりや筋肉疲労
・スポーツによる筋肉疲労
・保険医療機関等で治療中のものなど

従って、疲労回復や癒しのためのマッサージなどは、健康保険を使うことはできません。また、上記のように病気からくる痛み、慢性的な痛みは医療機関で受診してください。
健康保険はみなさまが負担したお金で運営されています。日清製粉健康保険組合の財政が厳しい中、適正な受診にご協力ください。

ページ先頭へ戻る

健康保険を使うときの注意

ほとんどの接(整)骨院では、窓口で保険証を提示し、本人負担分を支払えば限定範囲の施術を受けることができます。
しかし、医療機関ではないために接(整)骨院から日清製粉健康保険組合負担分の請求については、本人(受診者)から委任を受けなければなりません。(法律)※
このため、接(整)骨院では日清製粉健康保険組合への請求書類(医療費支給申請書)に本人(受診者)がサインするように求められます。 この際は、次の点に注意してください。

  • 「療養費支給申請書」に記載されている負傷名・負傷年月日・負傷の原因等が間違っていないかをよく確認する。
  • 「療養費支給申請書」には自分で署名・押印する。
未記入の申請書に署名・押印したり、印鑑を預けたりすることのないようご注意ください。

※医療機関以外では、本来は本人が全額を立て替え払いし、後日、本人が日清製粉健康保険組合へ請求するのが手順ですが、ほとんどの接(整)骨院は本人の委任による請求が認められています。

ページ先頭へ戻る

請求書類の内容をチェックしています

日清製粉健康保険組合では、請求内容を保険管理センターで審査し、場合により本人へ不明事項の確認・照会を行っています。

図解:施術を受けたときから日清製粉健康保険組合支払いまで

みなさまからいただいた大切な保険料を適切に使うためにも、接(整)骨院にかかるときには、
「負傷日・負傷部位・負傷原因・施術を受けた日のメモをとる」
「領収書を保管する」

など日頃からのご協力をお願いします。

「保険管理センター」から照会文書が送られてきましたら、回答をご記入の上、期限までに必ずご返送ください。
なおその際、受診される柔道整復師に相談する必要はありません。ご自身の記憶、記録の範囲でけっこうですので、ご回答をお願いします。

日清製粉健康保険組合の事業運営に何卒ご理解とご協力をお願いします。

ページ先頭へ戻る

同コーナーのINDEXへ戻る

所在地情報:〒103-0014  東京都中央区日本橋蛎殻町1-10-7  蛎殻町ビル3階  電話:03-5614-7108  FAX:03-5614-7110
Copyright © 日清製粉健康保険組合2007, All Right Reserved.