日清製粉健康保険組合

病気やけがをしたとき(70歳以上75歳未満の方)

HOMEこんなときどうする?>病気やけがをしたとき(70歳以上75歳未満の方)

70歳以上75歳未満の方は原則2割(※)負担

70歳以上75歳未満の方は、医療機関の窓口で負担する割合は、原則2割(※)となります。
70歳以上75歳未満の方は、高額療養費の自己負担限度額が70歳未満のときと変わります。詳しくは「自己負担が高額になったとき」をご覧ください。

(※)誕生日が昭和19年4月1日以前の方は1割

70歳以上75歳未満の方の医療費自己負担割合の見直しについて

平成26年4月から、70歳以上75歳未満の方の医療費の自己負担割合は2割となりました。

ただし、平成26年3月末までに70歳に達していた方は、特例措置(1割)が継続となり、低所得者含めて、高額療養費の自己負担限度額は据え置かれます。

【図をクリックで拡大表示します】

図解:産前産後休業中の保険料免除

付加金

■一部負担還元金(被保険者)/家族療養付加金(被扶養者)
日清製粉健康保険組合では、1人1か月、1医療機関に支払った一部負担金の合計(高額療養費は除く)から25,000円を控除した額を付加金として支給しています。

ページ先頭へ戻る

現役並み所得者は3割負担

70歳以上75歳未満でも、一定以上の負担能力のある方(現役並み所得者)は3割負担となります。現役並み所得者にあたるのは、標準報酬月額が280,000円以上の被保険者とその家族です。ただしその場合でも、年収が一定の基準に満たない場合は2割(※)負担となります。詳しくは日清製粉健康保険組合までお問い合わせください。

リンク先はこちら 「高齢者自己負担割合判定チャート」を利用すると負担割合の目安がつきます。

ページ先頭へ戻る

高齢受給者

70歳以上75歳未満の方(後期高齢者医療制度で医療を受ける方は除く)を「高齢受給者」といいます。
(75歳からは後期高齢者医療制度で医療を受けます。詳しくは「後期高齢者医療制度」をご覧ください。)
高齢受給者の方には、「健康保険高齢受給者証」が交付されます。
医療機関を受診する際には、この高齢受給者証を保険証といっしょに窓口で提示することになっています。提示しないときは、2割(※)負担の方も3割負担を求められますので、ご注意ください。

ページ先頭へ戻る

詳しく教えて! Q&A

ページ先頭へ戻る

同コーナーのINDEXへ戻る

所在地情報:〒103-0014  東京都中央区日本橋蛎殻町1-10-7  蛎殻町ビル3階  電話:03-5614-7108  FAX:03-5614-7110
Copyright © 日清製粉健康保険組合2007, All Right Reserved.