日清製粉健康保険組合

病気やけがをしたとき(家族)

HOMEこんなときどうする?>病気やけがをしたとき(家族)

家族療養費

被扶養者(家族)が病気やけがをしたときも、被保険者と同じように、保険証を使って必要な医療を受けることができます。窓口で医療費の3割(70歳以上75歳未満の場合は2割(※1)か3割、義務教育就学前の乳幼児の場合は2割)を自己負担すれば、残りの額は「家族療養費」として日清製粉健康保険組合が負担します。

図解:家族療養費

(※1)誕生日が昭和19年4月1日以前の方は1割
(※2)義務教育就学前とは、6歳に達する日以降の最初の3月31日まで。

ワンポイント

家族の場合は、被保険者の入院時食事療養費、保険外併用療養費、療養費に相当する給付についても家族療養費という名称が使われますが、給付の内容は被保険者の場合と同じです。

付加金

■家族療養付加金(被扶養者)
日清製粉健康保険組合では、1人1か月、1医療機関に支払った一部負担金の合計(高額療養費は除く)から25,000円を控除した額を付加金として支給しています。

ページ先頭へ戻る

詳しく教えて! Q&A

ページ先頭へ戻る

同コーナーのINDEXへ戻る

所在地情報:〒103-0014  東京都中央区日本橋蛎殻町1-10-7  蛎殻町ビル3階  電話:03-5614-7108  FAX:03-5614-7110
Copyright © 日清製粉健康保険組合2007, All Right Reserved.