日清製粉健康保険組合

知っておきたい関連知識

HOME日清製粉健保ガイド>知っておきたい関連知識>自動車事故にあったら・・・

自動車事故にあったら・・・

健康保険使用上の注意

業務上・通勤途上を除く自損及び被害について健康保険を使うことができますが、必ず日清製粉健康保険組合へ連絡・届け出をお願いします。
被害事故のように第三者(加害者)が原因のけがは、加害者に治療費や賠償の責任があります。しかし、多くの場合は治療、責任割合の決定・示談などに時間がかかるため、日清製粉健康保険組合で治療費を立て替え払い(健康保険を使用)して、後日、加害者へ請求することになります。
このため届け出がないと第三者が原因のけがであることがわからず、請求ができなくなってしまいますので、速やかに日清製粉健康保険組合への届け出をお願いします。

図解:損害賠償の請求権が健康保険組合に

リンク先はこちら手続きはこちら

ページ先頭へ戻る

治療の終了日は重要

治療によってけがが完治すると、示談の詰めに入る一方、それまでの治療費が確定して日清製粉健康保険組合としては治療費の請求を行います。これらの多くの場合は、加害者との間に保険会社が入ります。治療終了の日付は、種々の手続きを行う上で重要ですので注意し、日清製粉健康保険組合へも相談してください。
治療が長期(1年半以上)に渡る場合は、自賠責保険および任意保険の時効にも注意が必要ですので、定期的に状況を日清製粉健康保険組合までご連絡ください。

また、後遺症が残る重症のけがでは、これ以上治療しても症状が改善しないポイントで医師によって「症状固定」という判断が行われます。この時点で治療は終了し、加害者は治療費の支払義務はなくなって、以後の様々な費用は示談・賠償で補償されるため、慎重に対応し日清製粉健康保険組合へも事前に相談をお願いします。

ワンポイント

・示談のときは事前に日清製粉健康保険組合までご相談を
加害者と示談をする場合は、日清製粉健康保険組合も医療費の精算手続きをしなければなりません。また、後遺症のことも考えて、慎重に行う必要があります。示談をするときは、必ず事前にご相談ください。
連絡なしに、示談をして医療費を受けとってしまうと、健康保険が使えなくなります。

図解:損害賠償の請求権が健康保険組合に
図解:損害賠償の請求権が健康保険組合に
図解:損害賠償の請求権が健康保険組合に

ページ先頭へ戻る

詳しく教えて! Q&A

ページ先頭へ戻る

同コーナーのINDEXへ戻る

所在地情報:〒103-0014  東京都中央区日本橋蛎殻町1-10-7  蛎殻町ビル3階  電話:03-5614-7108  FAX:03-5614-7110
Copyright © 日清製粉健康保険組合2007, All Right Reserved.