日清製粉健康保険組合

標準報酬と保険料

HOME日清製粉健保ガイド>標準報酬と保険料>標準報酬について

標準報酬について

標準報酬月額は50等級

健康保険の保険料は、被保険者の収入に応じて決められます。しかし、収入には月給や日給、時給、歩合給などがあり、また残業などにより月ごとに変動があるため、そのままの額を基礎とするのは事務的に繁雑となってしまいます。そこで収入を区切りのよい幅で区分した「標準報酬」を設定しています。 全ての被保険者の収入をこの区分に当てはめて固定することで、計算をしやすくしているのです。 標準報酬月額は1級(58,000円)から50級(1,390,000円)までの50の等級に分かれており、原則として1年間固定します。 保険料の計算だけでなく、傷病手当金、出産手当金などの支給額の計算にも、この標準報酬が使われます。

ワンポイント

・賞与については「標準賞与額」から保険料を算出
賞与等が支給(年3回以下)されたときには、支給額の1,000円未満を切り捨てた額を「標準賞与額」として、これに月額給与と同じ保険料率を乗じて保険料を算出します。ただし、標準賞与額の上限は573万円(累計)となっています。

ページ先頭へ戻る

標準報酬の決め方

標準報酬月額を決定するときの報酬とは、賃金、給料、手当など名称にかかわらず被保険者が労務の対価として受けるもの全てをいいます。これには、基本給のほか残業手当、通勤手当などの各種手当も含まれます。また、定期券など現物支給されるものも金額に換算して報酬額の計算に算入します。

標準報酬の「報酬」に含まれるもの

  金銭で支給されるもの 現物で支給されるもの
報酬になる 基本給(月給、週給、日給など)、賞与(年4回以上支給されるもの)、住宅手当、家族手当、通勤手当、休業手当など各種手当 通勤定期、食券・食事、社宅・寮、給与としての自社製品など
報酬にならない 退職手当、慶弔費、大入袋、出張旅費、交際費、賞与(年3回以下支給されるもの)など 事務服・作業服、見舞品など

(1)資格取得時決定(入社したとき)

入社したとき今後もらうであろう報酬をもとに標準報酬月額が決定されます。その後は、年1回の定時決定または随時改定によって見直しが行われます。
ただし、入社の際の標準報酬月額は今後を見込んで決定するため、実際に支払われる報酬の額と異なることがあります。そういうときは訂正することになります。

(2)定時決定

標準報酬月額は、毎年7月1日現在の全被保険者を対象に年1回見直しが行われます。4月、5月、6月の3か月の給与平均をもとに、その年の9月分保険料(10月給与から控除)より1年間の標準報酬月額が決定されます。

(3)随時改定

昇給やベースアップなどで固定給が変動したときや、給与体系が変更されたときで、昇降給した月から3か月間の給与平均をもとに算定した標準報酬月額と、すでに決定されている標準報酬月額に著しい高低(2等級以上の差)が生じたときには、随時改定により標準報酬月額が改定されます。

(4)産前産後休業終了時改定

被保険者が産前産後休業を終了した後、育児等を理由に報酬が低下した場合は、 産前産後休業終了後の3か月間の報酬額をもとに新しい標準報酬月額を決定し、その翌月から改定します。

(5)育児休業等終了時改定

被保険者が育児・介護休業法による育児休業期間(育児休業に準ずる制度による休業期間も含む)を終了した後、3歳未満の子を養育する場合に限り、育児等を理由に報酬が低下した場合、被保険者が事業主を経由して日清製粉健康保険組合に申し出をした場合は、標準報酬月額を改定することができます。

ページ先頭へ戻る

同コーナーのINDEXへ戻る

所在地情報:〒103-0014  東京都中央区日本橋蛎殻町1-10-7  蛎殻町ビル3階  電話:03-5614-7108  FAX:03-5614-7110
Copyright © 日清製粉健康保険組合2007, All Right Reserved.