日清製粉健康保険組合

健康保険に加入する人

同居とは

同居とは

被保険者とその家族が同じ家の中に住んでいることをいい、同じ敷地内でも住所が異なる場合は同居と認められません。また、同居していてもお互いに独立した生活を送り、食事や生活費など家計が別々の場合は、同居と認められません。

16歳以上60歳未満の家族(配偶者を除く)は、通常、就労可能な年齢にあり、被保険者の経済的支援がなくても自立して生活できる場合が多くあります。そのため、被扶養者になるためには書類の提出により就労できない状態にあることを証明し、被保険者が生活費のほとんどを援助しなければならない状態にあることを申告することが必要です。

同一世帯に属する場合(同居) 同一世帯に属していない場合(別居)
その家族の年間収入が収入限度額未満であり、かつ被保険者の年収の1/2未満である。

左記条件に、更に送金証明書で生計維持関係が確認できること。

※送金額が被扶養者の収入より少ない場合は被扶養者として認定されません。

リンク先はこちら 別居の場合の認定条件はこちら

ページ先頭へ戻る

同コーナーのINDEXへ戻る

所在地情報:〒103-0014  東京都中央区日本橋蛎殻町1-10-7  蛎殻町ビル3階  電話:03-5614-7108  FAX:03-5614-7110
Copyright © 日清製粉健康保険組合2007, All Right Reserved.