日清製粉健康保険組合

個人情報の利用目的

HOME個人情報保護への取り組み>個人情報の利用目的

個人情報保護法では、個人情報取り扱い事業者(日清製粉健康保険組合を含む)は個人情報を取得した場合、その利用目的を本人に通知、または公表しなければならないとされています。
日清製粉健康保険組合が業務上使用する個人情報の主な利用目的は以下のとおりです。

●=日清製粉健康保険組合等の内部での利用に係る事例
○=他の事業者等への情報提供を伴う事例

1. 被保険者等に対する保険給付

●法定給付および付加給付の実施
○高額療養費および一部負担還元金等の自動払い
○海外療養費に係る翻訳のための外部委託
○第三者行為に係る損害保険会社等への求償
○健康保険組合連合会の高額医療給付の共同事業

2. 保険料の徴収等

●被保険者資格の確認ならびに標準報酬月額および標準賞与額の把握
●健康保険料の徴収
●被扶養者の認定
●健康保険被保険者証の発行
○被保険者等の資格等のデータ処理の外部委託

3. 保健事業

●健康の保持・増進のための健診、保健指導および健康相談
●健康増進施設(保養所等)の運営
●高額医療費・出産費に係る資金貸付事業の実施
○保健指導・健康相談に係る産業医への委託
○医療機関への健診の委託
○健康増進施設(保養所等)の運営の委託・共同事業
○健診結果の事業者への提供
○被保険者等への医療費通知
○被保険者等への後発医薬品(ジェネリック医薬品)差額通知
○高額医療費・出産費に係る資金貸付の共同事業
○健康保険組合連合会主催の共同事業
○保健事業の事業実施(常備薬の配布、在宅療養支援事業、高齢者訪問指導事業)に係る委託
○健診データを活用したオーダーメイド型の健康情報冊子の提供

4. 診療報酬の審査・支払

●診療報酬明細書(レセプト)等の内容点検・審査
○レセプトデータの内容点検・審査の委託
○レセプトデータの電算処理のためのパンチ入力、画像取込処理の委託

5. 健康保険組合の運営の安定化

●医療費分析・疫病統計
○医療費分析および医療費通知に係るデータ処理等の外部委託
○後発医薬品(ジェネリック医薬品)差額通知に係るデータ処理等の外部委託

6. その他

●日清製粉健康保険組合の管理運営業務のうち、業務の維持・改善のための基礎資料
●日清製粉健康保険組合の管理運営に係る記録資料
●適正な経理事務の執行
○業務の適正処理のための照会または回答(保険者間の情報交換)
○第三者求償事務において、保険会社・医療機関等への相談または届出等

ページ先頭へ戻る

同コーナーのINDEXへ戻る

所在地情報:〒103-0014  東京都中央区日本橋蛎殻町1-10-7  蛎殻町ビル3階  電話:03-5614-7108  FAX:03-5614-7110
Copyright © 日清製粉健康保険組合2007, All Right Reserved.